2023年10月14日

「家事ごよみ」〜2023年10月〜

title-kajigoyomi05.gif
(会員 N.O)

(文責:この記事は、2014年4月から2020年3月まで東京第一友の会が情報提供をしていた、NHKニュースandスポーツ(有料ニュースサイト)に掲載されたものを一部、加筆修正して掲載します。)

▼▲▼くらし快適ノートR〜Simple Life〜▼▲▼

上手な時間の使いかた
20231001.jpg

今回は時間について特集します。
筆者が所属している婦人団体「友の会」で、30代から90代までの会員が時間について話し合いました。子育て、仕事、介護にと日々追われるように生活をしている会員から、それらが終わって一息つき、今はボランティアなどで社会活動をしている会員まで、置かれている状況はさまざまですが、どの年代にとっても、時間を上手に使うには、日頃の努力と工夫が必要だということがわかりました。
時間に追われないために会員が心がけていることをご紹介したいと思います。

書き出して整理する
やることが立て込んでくると、あれも、これもと頭の中が大忙しになり、全くはかどらなくなる、という声が聞かれます。まずは落ち着くためにゆっくりお茶を飲む、深呼吸する、紙にやるべきことを全て書き出すといった意見があがりました。仕事の納期、子どもの予定、夕食の心配などを頭の中だけで考えていても混乱するばかり。まずは何に焦っているのか、困っているのかを全て書き出してみると、頭が整理されるようです。手当たり次第に取りかかるのでなく、順番を考えて予定を立てることが有効とのことでした。
手帳、カレンダー、スマホアプリなど、それぞれ自分にあった方法で、予定を把握することが大切です。今日、明日のことだけでなく、一週間の予定を見通してスケジュールを組みましょう。適度にリラックスする時間を入れて、活動と休養のメリハリをつけると、途中でバテることがないとベテラン主婦が教えてくれました。

20231002.jpg

やることを絞る
意外に多かったのは、「やることを減らす」という回答です。一つ予定をあきらめることで、時間、労力に余裕が生まれ、態勢を立て直すことができます。そもそも必要でないことをしようとしていた、と気がつくことも多いようです。

一人で抱え込まない
すべてを自分でなんとかしようと躍起になっていませんか?自分が手一杯になっていても、周りには手の空いている人がいるかもしれません。家族の手も積極的に借りましょう。そのためには、他の人が手助けしやすいように、仕事や家の中を整えておくことも大切なことですね。

食事の工夫
忙しくなるとどうしても疎かになるのが食事です。健康を維持するためにも食事は大切です。全て手作りするのは大変ですが、実だくさんの味噌汁とサラダだけは毎日作る、肉を買ったら半分は味付けして次回の食事の下ごしらえをしておく、常備菜を作る、3日分の献立をメモするなど、これだったら出来るということを一つでも習慣にしておくと、ぐんと楽になります。

ちょこっと掃除を習慣に
家の中が汚れてくると、精神的に余裕がなくなります。トイレ掃除はお風呂の前に、歯磨きの時に洗面台をさっと拭く、玄関掃除は朝出かける前の1分間で、など生活の中に組み入れられると、考える前に手が動いて片付きます。

丁寧に行うべきことは心を込めて
長時間寝ても疲れが取れなかったのに、15分程度のうたた寝で頭がスッキリしたというように、大切なのは時間の長さだけではないようです。忙しい現代では効率第一で時短が求められることが多いですが、時には心を込めて丁寧に物事を行うことも大切です。体と頭と心が一致して、集中して物事に当たると、パフォーマンスも向上して、精神的な満足も得られるようです。

毎日、誰にでも平等に与えられている時間は24時間。時間を大切に使って、丁寧に生活したいものですね。

♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪
▼▲▼実践! くらし快適術R▼▲▼

お鍋シーズン到来!
20231003.jpg

秋が深まり、温かいものが美味しく感じる季節になりました。寒い日には体も心も温まるお鍋を楽しみませんか。

忙しい日々の食卓に
材料の準備さえすれば、食事中に席を立つ必要もないので、ゆっくり食事ができます。野菜をあらかじめ切っておけば、帰宅後の準備が楽になり、肉や魚も切り身のものを使えば包丁いらずです。
片付けも洗い物が少ないので、お鍋を利用しない手はありません。忙しい時こそ食卓にお鍋を登場させましょう。家族や友人と大きなお鍋を囲むのもよいですし、最近では小さめの土鍋も出回っているので、一人暮らしの人にもおすすめです。

体に優しいお鍋
お鍋は栄養バランスの取れた食事です。肉、魚、豆腐、野菜が同時に摂れます。特に野菜は加熱することでかさが減るため、たっぷり食べることができます。油を使用しないので消化もよく、体に負担をかけません。
家族が体調を崩した時でも、お鍋にすれば、食べられるものを選ぶことができますし、柔らかく煮えた具材をつぶしたり刻んだりすれば、そのまま離乳食にもなります。体も温まり、満足感も得られやすく、ダイエット効果も期待できます。

まずは湯豆腐から
お味噌汁の代わりに湯豆腐があれば、品数が少ない食卓でも豪華に見えます。だし昆布に酒、水を入れ、豆腐を加えて温めるだけなのでとても簡単にできます。ちょっと奮発して、いつもよりいいお豆腐をいただくのも良いでしょう。それだけでご馳走になります。

定番の水炊き
シンプルな水炊き。水にだし昆布を入れしばらくおきます。酒を加え、野菜、豆腐、肉、魚などを加えて火にかけます。お好みで、塩、顆粒だしを加えても良いでしょう。

肉:鶏肉、豚肉など
魚:たら、サケ、牡蠣、エビなど
野菜:白菜、長ネギ、水菜、きのこ(なんでも)、にんじんなど
豆製品:豆腐、油揚げ、厚揚げ、がんもどきなど
その他:しらたき、糸こんにゃく、春雨など

<我が家の定番具材>

1 豚肉、鶏肉をそのまま 
豚肉は薄切り肉を使います。もも肉はあっさりめで、バラ肉になると脂身が多く濃厚で、肩ロースはその中間になります。厚さもいろいろあるので、変化をつけるとよいでしょう。
鶏肉はもも肉を一口大に切ります。あらかじめ一口大に切ってあるものを利用すれば一手間省くこができます。骨付きで売られている鶏肉は、だしがよく出て、大変美味です。

20231004.jpg

2 肉団子
豚または鶏の挽肉300〜500gに、玉ねぎのみじん切り1/2個、長ネギ1/2本、卵1個、片栗粉大さじ1、塩、こしょうを加えてよくこね、スプーンですくって沸騰した鍋に落とします。

3 白菜と豚肉の重ね鍋
白菜を4枚用意し、豚肉の薄切りを白菜の間に並べます。5cmほどの長さに切り、鍋に並べ、昆布をつけた水、または水と顆粒だしを加えて火にかけて出来上がり。これだけで美味しいお鍋になります。

20231005.jpg

薬味はたっぷりと
薬味はたっぷり用意しておくのがよいでしょう。大根おろし、細ネギ、生姜、七味などが定番ですが、柚子胡椒、かんずりなどもあると華を添えてくれます。筆者の家ではもみのりをたっぷりかけていただきます。

自家製ポン酢
醤油、酢に薬味だけでも美味しいですが、柚子やすだちがあると香りが豊かになります。すだちがたくさんあったら、自家製ポン酢を作ってみるのもおすすめです。長く保存できるので冬の間じゅう、爽やかな香りが味わえます。

(材料)
すだち 10個
醤油  120ml
みりん 30ml
酒    15ml
削り節 2g(小パック1〜2個)
だし昆布 5×5cm

(作り方)
1 鍋にみりん、酒を入れ煮切る。
2 すだちは半分に切って絞る。
3 1の粗熱が取れたら、醤油、削り節、だし昆布を加える。
4 すだちの種が入らないように果汁を加える。
5 冷蔵庫で一晩おき、濾して容器にいれる。

※そのままでも使えますが、数か月寝かせると角がとれて、まろやかな味になります。

20231006.jpg
20231007.jpg

市販の鍋つゆもうまく利用
最近では安価で美味しい鍋つゆが手に入るようになりました。発売当初は主婦の間でもったいない、という意見も聞かれましたが、「外食した気分になれるので使う」「家族でも簡単に準備できる」と利用する人が結構いました。市販のものも上手く利用して、手作りと両方を楽しめるといいですね。

「シメ」もいろいろ
ご飯を加え、卵でとじればおじやになります。ご飯を一度さっと洗うと、ねばりが出ずに、さらっと仕上がります。うどんやラーメンを加えるのもよいでしょう。韓国では、最後にインスタントラーメンの麺をそのまま入れる鍋があるそうです。
必要であれば水分を足したり、塩や醤油、めんつゆなどを加えて味を整えていただきましょう。翌朝に残ったスープでおじやを作り、温かい朝食にするという手もあります。

20231008.jpg

土鍋や食器の置き場所
土鍋とカセットコンロのために、取り出しやすいところにスペースを確保しましょう。カセットコンロのガスボンベも、すぐに取り替えられるよう、家族が分かるところに置いておきましょう。土鍋に限らず食器の置き場所を季節で変えると、使い勝手が良くなります。夏に使うガラスの器などは奥にしまい、グラタンやおでん用のお皿を手前に置くと、使う度に便利だと感じます。ちょっとしたことですが、台所仕事が楽になります。

お気に入りの食器
お鍋はとてもシンプルな料理のため、お気に入りの土鍋や器などがあると気分が上がります。筆者の家庭では、何にでも使える食器を中心に揃えていますが、数年前に素敵なお鍋用のとんすい(お鍋を食べる時に使う小鉢)を見つけ購入しました。使うたびに嬉しい気分になるので、よい買い物をしたと思います。薬味入れや菜箸、お玉置きなどもお気に入りを揃えてみると、お鍋の楽しみがさらに増しますね。

20231009.jpg

♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪
▼▲▼羽仁もと子の言葉▼▲▼
自分自身の上に直接に落ちて来た喜びでなくても、わがことのように喜ぶことが出来、他(ひと)の悲しみを共に悲しみ、強きものの友にも、か弱きものの友にもなることの出来る生(いのち)は、専門的でない代わりに豊富になることが出来ます。
−「女性の第一義的能力」羽仁もと子著作集」『思想しつつ生活しつつ』(下巻)より

次回は11月11日(土)更新予定です。お楽しみに。

posted by 東京第一友の会 at 00:00| 家事ごよみ

2023年09月08日

「家事ごよみ」〜2023年9月〜

title-kajigoyomi05.gif
(会員 N.O)

(文責:この記事は、2014年4月から2020年3月まで東京第一友の会が情報提供をしていた、NHKニュースandスポーツ(有料ニュースサイト)に掲載されたものを一部、加筆修正して掲載します。)

▼▲▼くらし快適ノートQ〜Simple Life〜▼▲▼

新米の季節を楽しもう
230901.jpg

店頭には新米が並びました。この時期だけの特別なお米。秋の恵みに感謝しておいしくいただきましょう

新米を味わう
日頃、何気なく食べている白米ですが、炊きたての新米はそれだけでごちそうです。じっくりと味わってみましょう。
新米は、水分量が多いため、炊くときは水を控えるようにと昔は言いましたが、近年ではお米を乾燥させているので、いつもよりほんの少量、水を減らす程度で良いと言われています。浸水時間が30分程度だと、粘りは少なめでやや固めの炊き上がりです。2時間ほど浸けると、しっとりとした粘り強い味わいになります。浸水時間が長すぎるとお米の風味が落ちるので、2時間程度におさめておきます。
梅干し、納豆、海苔、漬物、つくだ煮、いくらやたらこなど、炊きたての白いご飯を引き立たせてくれるものがいろいろあります。これらがあれば、たくさんのおかずを用意しなくても、具だくさんの汁物があれば満足の食事になります。秋刀魚、鮭など旬の魚を焼いてもご飯が進みますね。

ご飯のお供レシピ

〇海苔のつくだ煮
(材料)
海苔   全形5枚
しょうゆ   大さじ2
砂糖   大さじ1
みりん  大さじ1
酒 大さじ1
水    3/4カップ

(作り方)
@ 鍋に調味料、水、手で細かくちぎった海苔を入れ5分ほどおく。
A 弱火で、時々箸でかき混ぜながら、とろっとするまでで煮る。
(冷蔵庫で1か月ほど保存可能)

230902.jpg

〇自家製なめたけ
(材料)
えのきだけ  1パック(200g)
しょうゆ 大さじ1
みりん  大さじ1
酒  大さじ1
砂糖   大さじ1/2
酢 大さじ1/2

(作り方)
@ えのきだけは石づきを落とし、約3等分の長さに切り、下の部分は細かくほぐす。
A 鍋に@と酢以外の調味料を加え、ふたをして火にかける。
B 蒸気が回ったらふたを開け、箸でかき混ぜながら水分を軽く飛ばす。
C 火を止める寸前に酢を入れて、味をなじませる。

230903.jpg

おにぎり
おいししく炊いたご飯をふっくら握るだけ。具を変えて楽しむのも良いですが、塩だけで握ったシンプルな塩むすびは、お米本来のおいしさを味わえます。

230904.jpg

炊き込みご飯
松茸、きのこ、サツマイモ、栗など、秋は炊き込みご飯に合う食材が豊富です。

〇きのこご飯
(材料)
米   2合
塩   小さじ1/2
しょうゆ 大さじ1
酒   大さじ2
水(昆布だし) 酒、しょうゆと合わせて通常の水加減にする
       (きのこの煮汁が残っている場合はその分減らす)
きのこ(しめじ、シイタケなど混ぜてもよい) 300g
しょうゆ 大さじ1
みりん 大さじ1
酒  大さじ1

(作り方)
@ お米を研ぎ、酒、しょうゆ、塩を加え、少なめの水加減にし30分浸水させる。
A きのこは食べやすい大きさに切り、しょうゆ、みりん、酒でさっと煮る。
B きのこの煮汁がある場合は加えて、通常の水加減にする。
C きのこを米の上にのせて炊く。

230905.jpg

〇さつまいもご飯
(材料)
米   2合
塩   小さじ1
酒   大さじ1
水(昆布だし)と酒を合わせて通常の水加減にする
さつまいも 200g
塩      小さじ2/5(具の1%)

(作り方)
@ お米を研いで、酒、塩を加え水加減をして30分浸水させる。
A さつまいもは皮付きのまま1cm程度の角切りにし、水にさらす。
B さつまいもを水から上げ、塩(小さじ2/5)をまぶす。
C さつまいもを米の上にのせて炊く。

230906.jpg

〇とっても簡単!さくらご飯
筆者の育った静岡県では、しょうゆと酒を入れて炊いたご飯のことを「さくらご飯」と呼んでいます。給食でも定番メニューで、祖母や母も作ってくれました。近所の洋食屋さんでは毎週日曜日はいつもの白いご飯がさくらご飯になっていました。とても簡単な味付きご飯です。

(材料)
米   2合
しょうゆ 大さじ2
酒 大さじ2

(作り方)
@ お米を研いで、しょうゆ、酒を加え水加減をして30分浸水させ、炊く。

230907.jpg
さくらご飯

♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪

▼▲▼実践! くらし快適術Q▼▲▼

「ちょこっと片づけ」を習慣に
230908.jpg

忙しい毎日、きっちり片づけをするのはなかなか難しいものです。インテリア雑誌などに掲載されている部屋のように、きれいに整っている部屋が理想ですが、生活をしていると、そうもいきません。理想の部屋に近づけるために、時間をかけず、ちょっとした片づけを毎日の習慣にしてみましょう。少しの労力で、家の中がスッキリし、気持ちも明るくなります。

不要なものを片づける
部屋の中を見回し「要らないもの」がないかチェックします。空になったティッシュの箱、ペットボトル、数日前の新聞、まずはそういったものを片づけましょう。

場所を決める
食卓の上、リビングボードの上など、余計なものは置かない場所を決めておくのも効果的です。家全体を片づけなくても、その場が整っているだけで、精神的な落ち着きを得られることができます。

向きをそろえる
玄関は靴をそろえるだけでも整然とします。畳んだタオル、ソファの上のクッション、本棚の本など、向きを合わせるだけで、片づいた印象になります。時間もかからず、体力も使わないので、部屋を片づける気力がないときでも簡単にできる方法です。

230909.jpg

ものが溜まる場所から片づける
筆者の家では、やることが立て込んで余裕が無くなっている時は、台所の洗いカゴに食器が必ず溜まっています。洗った食器がそこに居座ると、後からの洗い物が行き場をなくし、流れが滞ってしまします。台所での作業がスムーズにいかないと感じた時は、洗いカゴを片づけることから始めます。そのほか、あふれたゴミ箱、ソファに山積みにされた洗濯物など、ものが溜まりがちなところを先に整えるとよいでしょう。

使い捨て雑巾
ふと見つけた汚れやゴミは、気づいた時にきれいにしましょう。要らなくなったタオルやTシャツを小さく切って使い捨て雑巾にすると便利です。
手の届くところに置いておくと、汚れが気になった時にさっと一拭きできます。

♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪
▼▲▼羽仁もと子の言葉▼▲▼
よい種子(たね)は丹精して、播(ま)いたり、水をやったりしなくては育ちません。しかし雑草はひとりでに生えてきます。それはちょうど嘘だのごまかしは、みるみる都合よくゆくのと同じことです。雑草を根気よくぬきとって、骨折ってよい種子を植えましょう。人間というものは、そこに生き甲斐を感ずるように造られているものです。
−「嘘と真の価値」羽仁もと子著作集『若き姉妹に寄す』より

次回は10月14日(土)更新予定です。お楽しみに。
posted by 東京第一友の会 at 00:00| 家事ごよみ

2023年08月12日

「家事ごよみ」〜2023年8月〜

title-kajigoyomi05.gif
(会員 N.O)

(文責:この記事は、2014年4月から2020年3月まで東京第一友の会が情報提供をしていた、NHKニュースandスポーツ(有料ニュースサイト)に掲載されたものを一部、加筆修正して掲載します。)

▼▲▼くらし快適ノートP〜Simple Life〜▼▲▼

防災の日を前に

画像1.jpg

9月1日は防災の日です。この機会に、災害への認識を深め、日頃から備える気持ちを忘れないように心がけましょう。

ハザードマップで危険度を確認
災害と言っても、地震、津波、台風、豪雨(土砂崩れ、川の氾濫)、竜巻など、いろいろなことが考えられます。住んでいる場所によっても懸念される危険性は異なります。まずはじめに、住んでいる地域の状況を行政などで作成しているハザードマップで確認してみましょう。洪水や浸水が起きやすい、建物の倒壊が多い、火災が発生しやすいなどの危険度がわかります。

画像2.jpg

地震に備える
建物の倒壊、土砂崩れなどの危険性に加え、津波や火災が発生する恐れがあります。地震は突然起きるため、日頃から連絡方法や避難ルートを確認しておきましょう。昼と夜の場合でも状況は異なります。家族が家にいる、職場、学校にいる、通勤、通学途中など、それぞれの状況に合わせ、落ち合う場所・避難場所・帰宅困難時の連絡方法など情報共有しておくことが大切です。

台風、豪雨、河川の増水に備える
避難勧告、避難指示などが発令されたときに慌てないために、災害時の状況を予想した防災計画を確認しておきましょう。自宅と避難場所の距離を確認し、移動にかかる時間を割り出します。特に高齢者や子どもは避難に時間がかかるので、早め早めの行動を取れるようにします。自分が住んでいる地域のホームページ、防災冊子なども参考になります。

画像3.jpg

備蓄品の点検・安全の確認
1年に2回、3月と9月に備蓄品の点検を行うことをお勧めします。季節によって、必要な衣類や備品が異なります。この時期に中身を点検し、入れ替えしておくと、暑さ寒さに備えることができます。子どもがいる家庭では洋服、靴なども成長に合わせて交換しましょう。

水、食料
気がつくと賞味期限が切れていた、ということがよくあります。水は箱にマジックで大きく期限を記入し、古いものが一番手前に来るように収納、缶詰などにも分かりやすく期限を書いておきます。近年では災害時のためだけに備える保存食でなく、普段から食べている食品を多めにストックする、ローリングストック(回転備蓄)という方法が推奨されています。消費しながら、新しいものを補充するとよいでしょう。

非常用持ち出し袋
避難時に必要なものをリュックなどにまとめておきます。あれもこれもと詰めると重くなるので、必要最低限のものを入れ、実際に背負い、迅速に行動できる重さにしましょう。緊急時にすぐに持ち出せるように、玄関脇、廊下など分かりやすい場所に保管することをお勧めします。

画像4.jpg

[主な持ち出し品]
・懐中電灯
・ラジオ
・現金
・常備薬
・食料
・飲料水
・着替え
・ウエットティッシュ
・ラップ
・歯ブラシ
・生理用品
・紙おむつ 


かっぱ、靴
手の届くところにかっぱなど雨具を用意し、水害時には長靴ではなくスニーカーで避難するのが安全です。長靴だと水が入り、歩きにくくなるためです。また、夜中の地震に備えて、寝室に厚底のスリッパや靴を置いておくと安心です。眼鏡をかけている人は普段から枕元に眼鏡を置くことを習慣にしましょう。

家の中の安全を確認
地震で家具が倒れたり、高い所から物が落ちてくることが考えられます。棚などが倒れて出入り口を塞いでしまうことも。防災という視点で、家具の配置や寝る位置などを見直し確認しておきましょう。

停電時に備えて
電気が止まるとテレビ、エアコン、冷蔵庫などの家電製品が使えなくなるので、調理せずそのままで食べられる食料を備えておきます。また、携帯電話が使えなくなった場合を考え、家族、親戚、会社などの電話番号は紙に書いて控えておきます。高層住宅の場合、電気が止まるとエレベーターも使用できなくなり、復旧まで厳しい生活が想定されます。災害時は、長期に渡って避難する可能性も視野に入れておきましょう。

自分事として想定を
毎年自然災害は起こります。被災地に心を寄せながら、遠い出来事とせず、身近に起きたと想定してみることで、防災意識は高まります。物を持ちすぎない、物の置き場所を決める、水や食料の管理をする、といったシンプルな暮らし方が、そのまま災害時の備えにつながります。毎日の生活を整え、いざという時に慌てないようにしましょう。


♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪

▼▲▼実践! くらし快適術P▼▲▼

換気扇の掃除
画像5.jpg

夏はベストタイミング
換気扇の掃除は年末の大掃除にするもの、と思っている人も多いのですが、実は暑い季節に行うのがお勧めです。年末が押し迫ってくると、あれこれ用事が立て込みますが、換気扇掃除が終わっているだけで随分と気が楽になるものです。筆者はそのことを知って以来、換気扇の掃除は夏にするようになりました。気温が高いので、汚れが取れやすく、水温も高いので作業が楽になります。加えて、外出がおっくうなほど暑い時期なので、家の中での作業に集中できます。

準備するもの
重曹、プリン状石鹸、セスキ炭酸ソーダ、割り箸、あれば換気扇専用ブラシ、スポンジ、金タワシ、肌の弱い人はゴム手袋を使用して下さい。

1.換気扇を取り外す
まずは、コンロ周りのものを片付け、作業スペースを確保します。続いてレンジフードカバー、シロッコファンを外します。油汚れのひどいものは、ベランダなどに新聞紙を敷き、日光に当てておくと、汚れが落ちやすくなります。

画像6.jpg

2.水につける前に
外した器具はすぐに水につけたくなりますが、この状態で水につけるとベトベトになるため、まずは乾いた状態で重曹をふりかけて10分ほど置いておきます。使い捨て布や、割り箸などを使い、重曹とともに油汚れを落とします。これであとの作業が格段に楽になります。

3.重曹スプレーとプリン状石けんを使って
軽い汚れであれば重曹水(※)をスプレーします。ひどい汚れの時はプリン状石けん(※)を塗ってしばらくおきます。さらに頑固な汚れの場合はセスキ炭酸ソーダをふりかけておきます。余裕があれば、五徳や魚焼きグリルも同様に行います。

※重曹水の作り方
スプレー容器に水200ml、重曹小さじ1を入れ溶かす。

※プリン状石けんの作り方
水500ml のぬるま湯に粉石けん(純石けん)50gを溶いて2時間ほどおく。ミルクパンなどで作ってから、空き容器やペットボトルなどに入れておくと便利。

画像7.jpg

4.壁周りをきれいに
放置している間にレンジフードとコンロ周りの拭き掃除をしましょう。重曹水をスプレーし、拭き取ります。強い洗剤を使わなくても、油汚れがきれいに取れます。その後、クエン酸水をスプレーしてふくと、酸性とアルカリ性が中和され、リンス効果で、壁全体がすっきりします。

5.汚れを洗い流す
プリン状石鹸などを塗った部品は汚れが落ちやすくなっているので、少しこするだけできれいになります。焦げ付いた汚れは金タワシなどでこすり落とします。

画像8.jpg

6.換気扇の取り付け
水気を拭き、乾かした部品を取り付けます。

汚れ防止の工夫
これで換気扇、コンロ周りがピカピカになりました。この状態をキープするには、ちょこちょこ掃除がオススメです。レンジフードカバーを定期的に交換したり、調理後には、ガス台が温かいうちに重曹水スプレーをして、さっとひと拭きする習慣をつけると、汚れのたまり具合が全く違います。これで、年末の大掃除がぐっと楽になります。

画像9.jpg

♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪
▼▲▼羽仁もと子の言葉▼▲▼
家の中にちっともガラクタがなく、よい道具だけ少しあって、その置き場所が、ちゃんときまっている。すなわち茶室のような家でなくてはなりません。お茶の趣味は、すきな人もきらいな人もあるでしょうけれど、一家の整頓という事務的方面の理想は、確かにそこにあると思います。

−「家事整理の実際」羽仁もと子著作集『家事家計篇』より

次回は9月9日(土)更新予定です。お楽しみに。
posted by 東京第一友の会 at 00:00| 家事ごよみ