2017年07月04日

おさなごとかぞくのつどい

7月1日は「おさなごとかぞくのつどい」を開催しました
雨のなか、8家族30名が元気に集まりました

今回はお父さんたちが昼食作りに挑戦!
土曜日に活動しているグループ 職業組 の会員と一緒に作ったのは
豚のみそ漬けと野菜の蒸し煮 青のりポテト 
きゅうりの梅おかか和え トマトと卵のスープ
40分ほどで完成!調理台の片付けも手分けして頑張りました。
スライド2.JPG

その間、子どもとお母さんは 手遊びやわらべ歌
新聞紙を破いたり丸めたり…なにができたかな?
スライド3.JPG

みんなそろっておいしいお昼ごはん
スライド4.JPG

おなかがいっぱいになったら
子どもたちはスタッフともうひと遊び!
お父さんとお母さんは『子供の生活遊びのせかい』を読書した後
今日のことだけでなく、日々思うこと...話し合い、聞きあいました。
子どもはそれぞれ、育ち方も親の悩みも違うけれど、
親がゆとりを持つとそれが子どもの笑顔になってゆく、という4人のお父さんのお話には
おおらかさを、機嫌のいいお母さんになりたい!でも...というお母さんの話に共感を感じました。

最後は婦人之友社編集部Yさんによる
絵本のよみきかせタイム「おじさんとかさ」(佐野洋子)
には小学生もクスクス笑って聞き入っていました。
スライド6.JPG

参加したNさんご夫妻の感想です
「手遊びやわらべうたなど、道具がなくても
楽しく豊かな時間を過ごせるんだということを
子どもとの時間で再発見しました。
子どもの月齢の近いお父さん、お母さん、
それぞれのお話が心に響きました。
毎日工夫して、夫婦で協力して子どもと一緒に
成長していきたいです。」

「他の人と料理をするのはすごく久しぶりな気がします。
学校の調理実習を思い出しました。
私のいたチームは無駄話もなく(笑)
みんなで役割分担もして、テキパキと進んだのが、
男のチームぽいと思いました。
家では忙しさにかまけて、料理の彩りもさびしくなることも多いので、
これからはバランスを意識してごはんを作りたいと思います。」

東京第一友の会の子どもとの生活応援の集まりは
こちらでご紹介しています

posted by 東京第一友の会 at 22:19| おさなごと家族のつどい