2020年12月10日

オンラインになった12/7のおさなごの集いで出会った笑顔

unnamed.jpg
11月のおさなごをお休みして準備していた12月のおさなご、感染者数拡大防止を考えて悩みましたがリアルな音楽の集いではなく久しぶりにオンラインでおさなごクリスマス風味を行ってみました。12月7日の開催に向けてはオンラインでできることをいろいろ試そう、皆様と笑顔で会いたい、と音楽を選びました。
音楽は「グーチョキパーで何作ろう」には最後に思いがけない人気キャラクターができたり、「ててて」まどみちおさんの歌、「きらきら星」そして「まきびとひつじを 」「グロリア」「winter wonder land」などみんなのお家にある楽器を吹いたり叩いたり、時にはミュートを外して思いっきり演奏したり、皆様のとってもいい笑顔が見れました。スクリーンショット 2020-12-10 21.40.10.png
スタッフの野中さんは画面に今は小学生のお子さんが作ったクリスマスリースを見せてくれて、また画面に映るみなさんもクリスマスの装いや飾りに囲まれていらして、おうちでクリスマスを迎える準備をされているご様子が見れて、それがオンラインの良いところだなあと思いました。実際に抱っこしたりあそんだり握手したりはできませんがマスクのない顔で微笑み合い、1年間のご参加への感謝、また来年のお約束をいたしました。
次回の令和3年1月25日もオンラインになります。
近くなりましたら、お知らせをFBやHPでいたします。どうぞ良い年をお迎えくださいね!
posted by 東京第一友の会 at 22:12| おさなごと母のつどい

2020年10月27日

10/26(月)おさなごの運動会

10月のおさなごは開催についていろいろ考えることもありました。急に寒くなって小さな人たちに風邪が流行り始めたこと。でも室内ではまだ友の家が開いていないのでできないこと。9月の皆さんの楽しそうなご様子を思い出して、たくさんの親子さんが集まらなくても、元気に外で遊ぼうと「運動会」を考えてみました。幸いお天気に恵まれ、少し汗ばむような中、皆さんと、あんたがたどこさ(これは鞠つきではなく、体軀を使う遊びで両足跳びをして全身、「さ」のところで一歩後ろに飛んで戻る)なかなかハードな運動をしたり、みんなのお顔くらいに大きなボールを投げ合ったりが大人気でした。
270A9DB5-781A-4814-A2B2-164211F432A3.jpg
みていると気がついたことがありました。これは前回も感じたことです。
特に歩き始めた小さいお子さんにとって友の家の芝生はずいぶん広くって、ただ歩いているだけで、これはなんだろう?、この音は?匂いは?...五感を全て使ってとにかくそれを感じる、ということに精を出していること。その力が非常に素晴らしく、目まぐるしく、言葉にならないものが小さな体の中をビュンビュンと駆け回って輝いている。その素晴らしさ、生きていることをこんなに一生懸命している子どもたちに私たちの学ぶところは大きい、ということでした。スタッフはそんな表情を見つけるたびに心のカメラのシャッターを切って大切にとっておきます。
次回11月の開催は中止にし、12月の開催日が変わります。12月7日(月)明日館講堂を使ってのおさなごとなります。
詳細は後日紹介いたします。



posted by 東京第一友の会 at 22:47| おさなごと母のつどい

2020年10月03日

9/28おさなごと母のつどい 小さな秋を見つけて宝探しのお散歩

キラキラの日差しが暑い一日。抜けるような青空の下、0歳から3歳の子どもたちがお母さんと一緒に友の家のお庭に集まってきました。「会いにきました!」と言ってくれるお母さん、私たちも再会、はじめまして が嬉しい朝でした。スタッフのNさんが友の家の中のピアノを元気いっぱいに弾いてくれる音を聞きながら、季節の歌「大きな栗の木の下で」を元気に手振り。そして「小ちゃな栗の木の下で」という替え歌を指先で、親子で小さな声で歌ってみました。
今回は小さな秋を見つけるお散歩、友の家のお庭で一体何が見つかるかな?と準備していると向こうの明日館のFさんが、今日は休館日なので芝生ならこちらを歩いた方が綺麗だよとのお申し出をくださいました。いつもいつも親子の集いに心を寄せていただき、大大感謝!
IMG_8406 2.jpg
さあ、秋を探しに明日館の芝生へ!11月頃からはまた結婚式なども始まられるお庭は綺麗に整備されて、チョウだ、バッタだと、追いかける子ども達、わからないけど一緒に走り回っているだけで嬉しい1歳さん。抜けるような青空の下、あおい芝生に寝転んで親子で空を見上げてはあちこちで笑い声がおこり、みなさんが開放されてゆくのをみながら、平和や幸せは自分の中にあって、特に乳幼児は自然との触れ合いで大人まで共感してしまうほどの幸せを体現するのが天才的にうまい!ということ、その様子を間近で見ることが多いことは親や保育者の特権だと思いました。明日館スタッフさんたちもご褒美のようにその様子を見つめておられました。
今回遠方にいらしてご参加叶わなかった方もあると思います。どうぞ無理なく、とお近くの方からご参加の2回目は少し電車に乗って、という方もちらほら。感染予防のために窮屈な思いをされてきた親子さんと、ご一緒にこんな遊びをしたいと願っていたスタッフのBさんの発案で、今回もう一つ「宝探し」という遊びをしました。宝といっても買ったものやおもちゃではない、手作りのミニ絵本、あやとりにもなるつながった紐、松ぼっくり、はらぺこ青虫の折り紙、そして秋の美味しい食べ物のミニカード...スタッフで考えて作った楽しいお宝を見つけてもらいました。
IMG_8398.jpgIMG_8410.jpg
1時間はあっという間ですが、友の家から流れてくる生のピアノに合わせて、サヨナラの歌を歌っておしまい。子どもたちと何度も何度も手を振ってまた会いましょうね。おしまいまで無事に過ごせましたこと、感謝の集いでした。
感染症についてはまだ悩ましいところもありますが10月は防災についての集いを考えております。乳幼児のおられる家庭ならではの知恵のシェアが出てくる会になりそう、とワクワクしています。

posted by 東京第一友の会 at 09:53| おさなごと母のつどい