2019年07月29日

2019年7月例会が行われました

2019年7月2日(火)、東京第一友の会の7月例会が、自由学園明日館講堂で行われました。
例会読書は「「生活即教育」−羽仁もと子著作集『家庭教育篇(下)』−

07_hana.jpg

○例会読書の感想
(雑司が谷方面 Mさん)
9年前にこばと組に参加し、1年前に入会しました。小学生の娘は好き嫌いも多く、給食を時間内に食べきれずに、担任の先生よく注意されましたが、友の会に入会して、最寄や方面、講習会や食堂のベテランの方々から教わった料理を作っているうちに、いつのまにか何でも食べられるようになりつつあります。羽仁先生の言われる「自覚的、教育的な生活環境」とは、我が家にとっては、共に楽しく食事をする時間を大切にすることです。

(富士見方面 Tさん)
幼稚園の娘と小学生の息子がいます。日々バタバタと過ごす中で、「生活即教育」の箇所を読んで衝撃を受けたのは、「ああしろ こうしろと子供に注文するのではなく、自分の方があらん限りの知恵を絞って真剣に生きて」いるかどうかというところです。私の助言に「うるさいな」の言葉で対応している小学生の息子は、私のことをよく見て真似ていることに気付き、反省です。今の私に何ができるか、いかに家庭の環境を良くしていくか、知恵を絞っていこうと思います。

<子どものプログラム>
2001年に乳幼児対象の「おさなごと母のつどい」ができ、2008年に2,3歳児対象の「こばと組」ができました。そのできた経緯の詳しい説明がありました。

〔東京第一友の会が行っている、子ども対象の活動の紹介〕

「おさなごと母のつどい」
子育ての入り口にいるお母さんに寄り添うつどいで 、月1回、集まります。対象は乳幼児で、会員でない方も参加できます。お昼は子ども向けの試食を出していますが、とても好評です。

「おさなごと家族のつどい」
子育ては、母親だけでするものではなく、父親も一緒の集まりが出来ないかとの願いが生まれ、「おさなごと家族のつどい」が発足しました。年に2,3回行っています。

「こばと組」
2,3歳のお子さんとお母さんの集まりで、月1回、集まっています。ピアノの伴奏による手遊び歌や、読み聞かせ、植物を育てるetc. お母さんたちの読書の時間もあります。一年の登録制で、秋に募集を行っています。

07_07.jpg

「たんぽぽ」
一昨年度から始まった、世田谷幼児生活団の場所を借りて行なわれている、2、3歳児と お母さんの集まりです。生活団指導者と東京第一から第四までの友の会が協力して運営しています。月2回、集まっています。

「東京友の会 世田谷幼児生活団」
3〜5歳児が対象です。幼児生活団では、小学校に入る前の3年間、同じ年の子どもたちが週1〜3回集まり、 お友達と一緒に、自分のことは自分でできるよう楽しく励みあいます。最寄駅:小田急線「梅ヶ丘駅」「世田谷代田駅」


<小学生とこづかいのこと>(さぎの宮方面 Yさん)
お金の失敗は、大人になってからではとても練習できません。失敗は小学生のうちにと思います。

〔小学生のおこづかいについて、大事と思われる5つのポイント〕
1.子供たちが三桁の計算ができるようになってから、中学生になって交通系プリペイドカードなどを使うようになるまで、ほんの3〜4年しかありません。

2.おこづかいで何をまかなうのか、というその子の責任範囲をはっきり約束して、金額もそこから考えること。でも、子供が自分で決めて、自由に使える分が少しはあるように。

3.約束ができて、決まった額のおこづかいを渡したら、失敗しても「練習のうち」と考えて、窮地脱出のアドバイスはしても、指図はしないこと。

4.子供のトラブルにすぐ気づけるように、大人は、家に置いてあるお金の額は毎日チェックしてほしいこと。

5.おこづかいは「練習」であることを忘れないこと。たとえば−年生が、字が違っていても、計算がまだ出来なくても、出来たね、とやる気をキープです。

まもなくさしかかる思春期のためにも、オープンに話し合える親子関係が、おこづかいを通して培われるといいなと思います。

<生活基礎講習会の報告>
5月21日から4回行われた生活基礎講習も、好評のうちに終了しました。受講者同士が学び合う講習にしたいと、5,6人のグループに分けています。同じメンバーなので回を重ねるごとに親しくなり、刺激を受け合って、楽しそうに受講していました。

<家計タイム>
(雑司が谷方面 江古田最寄)
副食物費の内訳がわかると、食生活の姿が見えるということから、最寄で、お菓子と果物にいくら使っているか、調べることにしました。Yさんは、家計簿上、副食物費に占めるお菓子の割合も高めだと感じたので、スーパーのお菓子はあまり買わなくなりました。また、果物代が少ないこともわかり、ビタミンなどの栄養素が豊富な果物を、もっと、とるように心がけるようになりました。先日は買い置きのおやつがなかったので、息子さんと二人でドーナツを作ったそうです。息子さんも、楽しみながら作っていたそうです。

<共同購入より>
十三浜昆布(塩蔵)の紹介
昆布には汗と一緒に失われるミネラルが豊富です。ミネラルは人間の体で作ることができないので、水分と一緒にこまめに補給すると熱中症予防によいそうです。十三浜昆布は、20〜30分ほど塩抜きして使います。柔らかいため早く煮えます。十三浜昆布を使った料理を紹介します。

07_08.jpg

<その他のお知らせ>
8月24日(土)「夏休み工作の会」
2学期の洋裁教室、太極拳講習会のお知らせ
9月28日(土)友愛セールを行います。
11月16日(土)「林 美智子 オータムコンサート」チケット好評販売中

詳しくは、東京第一のホームページをご覧ください。

9月3日(火)10時〜12時、自由学園明日館講堂で9月例会を行います。会員でない方も、受付後、お入りいただけます。どうぞご見学ください。


posted by 東京第一友の会 at 00:20| 東京第一友の会

2019年06月29日

2019年6月例会が行われました

2019年6月1日(土)、東京第一友の会の6月例会が、自由学園明日館講堂で行われました。東京第一友の会の例会が、土曜日に行われるのは、近年では初めてのことでした。普段より多くの会員の参加と託児がありました。
例会読書「一家総動員」−羽仁もと子著作集『みどりごの心』−

06}hana.jpg

○例会読書の感想
(さぎの宮方面 Oさん)
8年余り介護のため例会には参加できませんでしたが、ホームページで近況等知ることができました。今年から活動に参加できるようになり、最寄リーダーをしています。先輩方は「友の会の根を支えるのは最寄、最寄は命よ」とおっしゃっていました。最寄リーダー1人でかかえず、皆の力を借りて、最寄一家総動員で頑張っていきたいと思っています。

(職業組 Aさん)
私は封建色の強い土地柄で、明治生まれの両親の元で育ちましたので、若い時、この箇所を読んだときは、新鮮な驚きと共に、私もこのような家庭を築きたいと思いました。6年前、体調を崩し、闘病を続けていた時、友の会の方々から暖かい励ましをいただき、久しぶりに出席したときの空気感がとても居心地がよく、ここは、私の心のふるさとと実感しました。これからも、共に成長していける会でありたいと思っています。

<全国大会の報告と感想>
毎年1回、国内外の184友の会から代表者が集まり、全国大会を行っています。
5月14日(火)会場:自由学園記念講堂 821人出席
5月15日(水)会場:練馬文化センター 1051人出席
06_13.jpg

<友の会との関わり>
○職業組
(A最寄 Yさん)職業組は30代〜80代の31人が在籍しています。活動は月2回、友の家に集まり、読書や生活勉強を行っています。最近は、仕事を持ちながら友の会の活動を続けたい方が増えているため、50代までの現役世代が半数を超えています。仕事や家族、体調などから出席できない方も多いので、メーリングリストで集まりの予定や報告を行っています。
06_15.jpg

忙しい毎日の中でも友の会に連なり続けるのは、家事の基本を身に付けたいということももちろんですが、集まりで会員同士話す時間そのものが、仕事の立場でもなく、妻でも母でもない、自分自身に戻れる時間として、みなが大切にしているからではないかと思います。これからも、友の会につながっていたいという気持ちを大切にするため、ビデオ通話など、いろいろな工夫を考えていきたいと思います。

○城東方面
(方面リーダー Hさん)深川・東陽町最寄は、昨年度10名のうち7名が、仕事を持つ子育て真っ最中の会員で、平日の活動にはなかなか関われませんでした。思い切って、仕事を持つ会員に任せたところ、1学期に1度の土曜最寄会が開催され、近況を報告したり、生活勉強を学びあう機会となりました。今年度はそれを拡大して、月1回の開催として、方面の誰もが参加できる集まりにしました。今年初めての4月の集まりには、しばらく連絡がとれなかったフルタイムの方が突然参加され、「これからは職業をもつ人も誘える」と、うれしそうにお話しされたそうです。
06_18.jpg

(深川・東陽町最寄 Nさん)
三女の育児休暇中の昨年に友の会に入会し、子どもの収納、ライフプラン、アイロンがけなど、様々なことを教えていただき、生活の中に取り入れることができました。4月から職場復帰しましたが、仕事をしてもしていなくとも、家事のために使える時間は限られています。これからも、年代を超えた友の会の先輩や仲間たちを道しるべに進んでいきたいと思います。

<家計タイム>
(さぎの宮方面 生活勉強係 Yさん)
5月の全リーダー会の分科会で、家計の内容を取り上げたり、声掛けを続けている最寄は家計簿記帳が良くできているというお話がありました。やはり、実際に家計を話題に出すことが大事なのだと思います。今年度は、 時間調べの時、方面のテーマとして、家計簿記帳をした時間に印をつけることにしました。家計簿をつけ、金額を合計して1か月の純生活費が出た時、いつも頭の中の霧が晴れていくような気分がします。みんなでそんな爽快感を味わうためにも、家計簿記帳に励んでいきたいと思っています。

<11月16日(土)オータムコンサートのご紹介>
06_16.jpg

11月16日(土)練馬文化センターで、声楽 メゾソプラノの林美智子さんをお招きして、「2019オータムコンサート」を行います。2002年新国立劇場でオペラデビュー後、今年で17年、メゾソプラノ界の第一人者です。チケットは7月より販売いたします。

<共同購入>より
粉寒天でいろいろな種類を作ってみました。あなたも粉寒天で、お好きなものを作ってみませんか?
共同購入は月、火、金の10時〜3時に開いています。
06_03.jpg

<講習会について>
7月5日、12日「パジャマ&パンツを縫いましょう」
8月24日(土)「夏休み工作の会」(会場:東京第一友の家)

詳しくは、ホームページをご覧ください。

7月の例会は7月2日(火)10時〜12時、自由学園明日館講堂で行います。受付後、お入りいただけます。どうぞご見学ください。

posted by 東京第一友の会 at 15:20| 東京第一友の会

2019年05月30日

2019年5月例会が行われました

2019年5月9日(木)、東京第一友の会の5月例会が、自由学園明日館講堂で行われました。
例会読書「大いなる隘路と大いなる希望と」−羽仁もと子著作集『自由・協力・愛』−

05_hana.jpg

○例会読書の感想(一部抜粋)(光が丘方面 Yさん)
この文章を書かれた昭和19 年、日本は真っ黒に横たわっている戦争の大隘路でした。その中でも生徒たちとこのような話し合いをする先生はとても希望と信仰に満ちていらっしゃったのだ感じました。
友の会でもさまざまな隘路があったと思いますが、乗り越えられたのは会員一人ひとりの希望から、最寄、方面、社会へと広がっていったパワーがあったからだと思います。
学生時代、全国友の会大会のお手伝いをしたときに、学生にはない不思議なパワーを感じたことを思い出します。入会した今では、友の会のことをクラスの人達にもっと知ってもらいたいと思い、LINEグループに家事家計講習会や第一でのイベントをアップしています。多くの友が興味をもってくれているので続けたいと思っています。

<経済について>
2018年度の東京第一友の会の決算と、2019年度の予算について説明があり、会場の参加者により承認されました。

保健衛生費の消耗品の目安について〜南関東部生活勉強会の報告より>
〔ティッシュペーパー〕 目安は前回に比べ1.5倍としましたが、50代以下の人は50代以上の倍近い使用量でした。
〔石けん〕…固形派と液体派に分かれました。液体の方が固形に比べ倍以上の金額になるということで、目安も固形派と液体派に分けて出しました。
〔ワンプッシュ〕…手洗いと浴用の液体石けん、シャンプーリンスの液体のものは、使い過ぎが気になります。ワンプッシュでいいところを押しすぎていないか、家庭で見直してみましょう。

<全国生活時間しらべについて>
(常任委員 Sさん)
6月1日〜15日、今年は、5年に一度の「全国生活時間しらべ」が行われます。時間は流れてしまうので、切り取ってみることで、生活を振り返り、生活の質を上げることにもつながります。みんなが同じ調べものをすることで、世代を超えて感化しあって、気がつくこともあります。時間の中身、時間の質についても、自分らしい合理的生活とは何かを考えるきっかけになるのではないでしょうか。
(全国友の会 時間しらべグループのIさん、Yさん)
時間しらべ・器具しらべの用紙について詳しい説明がありました。

<おしらせ>
○共同購入より
花豆とトーフミールのお勧め

05_04.jpg

花豆…大豆を加熱して圧縮したもので、煮ものにいれるとすぐ柔らかくなって食べやすい食材です。

トーフミール…こうや豆腐を粉末状に加工した「粉とうふ」です。最近、悪玉コレステロール値を抑える働きがあると言われ、注目されているそうです。お料理にもお菓子にも使えます。トーフミールを使った「ちんすこう」は大好評でした。試験的にとった姉妹品の「粉とうふカレー味」は、ドリアやポテトサラダにすぐ展開できる優れものでした。
他にもいろいろな商品がありますので、共同購入の部屋にお寄りください。(月、火、金、10時〜3時、開いています)

05_03s.jpg

○子ども研究グループ 
おやつレシピ「手軽にできるおやつ」(1冊300円)

在庫がなくなっていた「手軽にできるおやつ」ですが、今回、内容を少し見直し、作りやすい分量にして作りました。大人が食べても優しい味です。どうぞ活用してください。友の家 事務室窓口で購入できます。(31レシピ A5厚紙 リングとじ)

○6月15日(土)10:30〜13:30「おさなごと家族のつどい」を行います。「おやこでいっしょに、おやつ作り〜野菜を使ったヘルシースイーツ〜」

<その他>
「食事しらべについて」
「組織について考える」etc.

講習会のお知らせ等は、東京第一のホームページをご覧ください。

6月1日(土)10時〜12時、東京第一友の会の6月例会を行います。東京第一友の会で初めての土曜例会です。受付後、会員でない方もお入りいただけますので、どうぞご参加ください。

posted by 東京第一友の会 at 17:04| 東京第一友の会