2021年09月11日

「家事ごよみ」〜2021年9月1回目〜

title-kajigoyomi05.gif
(会員 N.O)

▼▲▼主婦の知恵袋I▼▲▼

時間を上手に使いましょう パート1


0901_01.jpg

こんな人たちいませんか〜?
「一日中、ずっと時間に追われているような気がします」

仕事、子育て、家事に追われて、1日があっという間に終わります。常に追われているようで、気分的にも落ち着きません。やらなければならないことを考えるだけで、気分が塞ぎます。体から疲れがなかなか抜けません。

こうしてみたら、すっきりしました!
「どんな時間の使い方をしているか、まずは確認してみましょう」
友の会では5年に一度「全国生活時間しらべ」が行なわれます。1日1,440分、1週間10,080分を5分刻みに行動を書き出すという調査です。今回と次回はこの調査から得た、時間を大切に使う方法をご紹介します。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

何に時間を割いているかを認識しましょう
紙を1枚用意して、今日1日、何をしたのか書き出してみましょう。午前0時から時系列で記録してみます。まずは1日分を15分刻み、または30分刻みでトライしてみましょう。睡眠、身の回りのこと、通勤、仕事、食事、入浴と書き込みます。また、それ以外の時間にしていたことを、なるべく細かく思い出して記入します。

初めて書き出した会員の多くが抱く感想は、記録をすることを忘れてしまい、やったことをなかなか思い出せないということです。なんとなく過ごしてしまった時間が非常に多いという感想も聞かれます。若い会員では、ネットやSNSに多くの時間を割いているということでした。スマホゲームにはまり、気づけば何時間も経っていたという会員も。中高年の会員では、テレビや長電話、中には探し物に多くの時間を使ったという意見もありました。
家計簿をつけると、お金の使い方が見えてくるように、時間の使い方も表などの形にしてみると、生活がよく見えてきます。まずは生活のありのままをまっすぐに見つめてみましょう。

0901_02.jpg

予定時刻、区切りの時間を決めましょう
時短というと、洗濯機をまわしながら掃除機をかけたり、一つのフライパンでいくつもの料理を作ったりといった技が浮かびますが、時間に追われない一番のコツは、生活の基本となる時刻を定めることにあるようです。

・ 起床時間
・ 朝仕事終了時間
・ 食事の時間
・ 就寝時間

最初から完璧に守ることができなくても、基本時刻を意識していることで、生活のペースが生まれます。どうしても時間が超過する場合は、どこかで何かを省いて、基本時刻を守れるように調整をすると、大きく乱れることがなくなります。

何をするのに、どれだけかかるかを把握しましょう
入浴とドライヤーで30分、起床から家を出るまで2時間、洗濯物畳みは10分などと、毎日行う行動が、どのくらい時間をかけているか調べてみましょう。ある会員は毎晩おっくうだと感じていた皿洗いが10分かからなかったことに気がつき、それからは夕食後すぐに片付けるようになり、そのあとのくつろぎの時間が充実したと言っていました。

また反対に、作業にかかる時間を見える化することで家事を選ぶこともできます。
3分 → ふとんをあげる、ワイシャツのボタンつけ、簡単トイレ掃除など
5分 → パジャマのゴムの取替え、レンジ周りの壁ふき、簡単風呂掃除など
10分 → 洗濯物を干す、靴磨き(3足)、ガラス拭き(表裏2枚)など

0901_03.jpg

出かける前の空いた時間や在宅時間の気分転換に組み込むと、少しずつ家の中も片付き、気分的にもすっきりします。おっくうに感じる家事も、作業を分割して小分けにすると、取り組みやすくなります

実践:「1日15分整理」
友の会のあるグループでは「1日15分整理」を合言葉にそれぞれが家の整理を試みました。15分時間を取るのが難しいという会員は「5分×3回」で取り組んだ例もありました。1日5分、10分などと、無理のない時間を決めて気分の向いた箇所から始めるとよいでしょう。

整理できたところ
・台所  → 冷蔵庫(1段ずつ)、食器棚、乾物、ビニール類、タッパーなど
・紙類  → レシピ、年賀状、学校プリント、古紙、写真など
・その他 → 文房具、下着・靴下、本棚、化粧品、取り扱い説明書、裁縫道具、布など
※紙類は苦戦した会員が多かったようです。

様々な感想、気づきがありました。
・整理したい場所を書き出してから始めるとはかどる。
・タイマーを使うとよい。
・自分のやりやすいタイミングを見つけると続けられた。
・半年続けたら、家中がすっきりした。
・毎日少しずつ片付けたので、年末にバタバタしなかった。
・カレンダーに書き込んで励んだ。
・一日引き出し一つと決めた。
・気分的に楽だった。

0901_04.jpg
ゴムの整理にトライ。10分で出来ました

無理のない範囲で、楽しみながら少しずつ継続をするのがコツのようです。短い時間でも丁寧に使うと、大きな実りを結びます。

▼▲▼毎日のお掃除、ときどきのお掃除G▼▲▼

夏の間はずっとエアコンをつけ、締め切っていた部屋も、窓を開けてさわやかな秋風を室内に取り入れましょう。今回は窓まわりの掃除について考えます。

「窓ガラスとサッシの掃除を」

■毎日のお掃除
部屋の中を掃除するときに、桟と窓枠のほこりをとりましょう
窓ガラスを毎日拭くというお宅は少ないですが、窓まわりのほこりはまめに払っておきましょう。半乾き雑巾やモップなどでさっとなでるだけできれいになります。ガラスのまわりのゴムの部分にほこりがたまると、冬の時期のカビの原因になります。部屋の掃除のたびに、さっと一拭き。これだけで、汚れのこびりつきを防げます。

0901_05.jpg

窓ガラスは雨上がりにさっと拭くのが簡単です
乾燥して乾いていると、汚れが落ちにくくなります。雨があがったタイミングで拭き取るときれいになります。また、湿った雑巾でさっとふき、そのあと空拭きをする、または、半乾き雑巾(半分濡らして絞り、全体を折って使用)でぬぐいとると、ガラスはとても綺麗になります。

■ときどきのお掃除
汚れやすいサッシを掃除しましょう
日頃からまめに掃除していると、タオルなどでさっと拭くだけでもきれいになりますが、汚れをためるとそれではなかなかきれいになりません。歯ブラシやサッシ専用のブラシを使ってこする、布を巻きつけた棒でこする、小さなほうきで掻き出す、などいろいろな方法があります。友の会の会員でもやり方は皆異なりますが、筆者は個人的にペンキの刷毛で掃除しています。乾いている刷毛、濡らした刷毛どちらでも、隅までほこりを掻き出すことができ便利です。ここも、汚れをためないことが、楽に掃除をするコツです。

0901_06.jpg

♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪

▼▲▼羽仁もと子の言葉▼▲▼

「今の私のたった一つの憧(あこが)れは野に咲く花の姿である。
 広い野原の一点地に、天命を楽しんで咲いている野の花を見よ。
 私も野の花のような純真な思いが欲しい。
 安らかな野の花の姿で、多くの友の中にいよう。」
−「野の花の姿」−羽仁もと子著作集『みどりごの心』

次回の更新予定は9月25日(土)です。どうぞお楽しみに!

(文責:この記事は、2014年4月から2020年3月まで東京第一友の会が情報提供をしていた、NHKニュースandスポーツ(有料ニュースサイト)に掲載されたものの一部です)
posted by 東京第一友の会 at 00:00| 家事ごよみ