2021年01月25日

1/25(月)おさなごと母のつどいのオンラインの場から考えたこと。

スクリーンショット 2021-01-25 16.52.11.png
今回のおさなごは2回目になる緊急事態宣言の下、親子のお話の場がオンライン上に作れないかな?と1回目と同じようなコンセプトで行いました。6組の親子さんに子どもたちは7人、3歳から4ヶ月の赤ちゃんまで季節の歌や手遊び、絵本の後のおしゃべりまで1時間あっという間に過ぎてゆきました。参加の皆さんは上のお子さんの時に来てくれていた、次の年齢の集いの「こばとくみ」に来ていた、引っ越してきた方、いろんな時、折に触れて、私たちに会ってくださってきた方々で、スタッフも心から嬉しい再会、がたくさんありました。お元気そう、大きくなったね、もうたくさんおしゃべりしている!みんなの成長がとっても嬉しく、直にお会いできない残念さも吹っ飛ぶ元気さに笑顔が溢れます。
今年度、なかなかリアルの集いができない中で、この集いが「気持ちが出せる場」になっているかな?「お子さんそれぞれの育ちに寄り添う場」かな?「友の会として勉強をお勧めする、のではなく、何が必要なのか?」集いの場を作るためにいつもに増してスタッフは話し合っています。
たくさんの良いものや情報を得るツールが今は親子の周りに溢れています。そんな中で乳幼児の頃は自己肯定感を高める時期でありたいですね。たくさんの失敗が許されることがあって初めてできたときの喜びを感じる、みんなと同じに〇〇ができました!ではなく、〇〇はできなくなった時、それならこうしよう!ということが見つける、今のこんな時期、大人もそういう体験を日々しようとしてゆきませんか?友の会の創立者である羽仁もとこが書いた文章に、「私たちはいつからでも新しくなる」という言葉があります。乳幼児も、親も、保育の一部を担う私たちも皆、同じですね。
posted by 東京第一友の会 at 20:30| おさなごと母のつどい