2020年10月27日

10/26(月)おさなごの運動会

10月のおさなごは開催についていろいろ考えることもありました。急に寒くなって小さな人たちに風邪が流行り始めたこと。でも室内ではまだ友の家が開いていないのでできないこと。9月の皆さんの楽しそうなご様子を思い出して、たくさんの親子さんが集まらなくても、元気に外で遊ぼうと「運動会」を考えてみました。幸いお天気に恵まれ、少し汗ばむような中、皆さんと、あんたがたどこさ(これは鞠つきではなく、体軀を使う遊びで両足跳びをして全身、「さ」のところで一歩後ろに飛んで戻る)なかなかハードな運動をしたり、みんなのお顔くらいに大きなボールを投げ合ったりが大人気でした。
270A9DB5-781A-4814-A2B2-164211F432A3.jpg
みていると気がついたことがありました。これは前回も感じたことです。
特に歩き始めた小さいお子さんにとって友の家の芝生はずいぶん広くって、ただ歩いているだけで、これはなんだろう?、この音は?匂いは?...五感を全て使ってとにかくそれを感じる、ということに精を出していること。その力が非常に素晴らしく、目まぐるしく、言葉にならないものが小さな体の中をビュンビュンと駆け回って輝いている。その素晴らしさ、生きていることをこんなに一生懸命している子どもたちに私たちの学ぶところは大きい、ということでした。スタッフはそんな表情を見つけるたびに心のカメラのシャッターを切って大切にとっておきます。
次回11月の開催は中止にし、12月の開催日が変わります。12月7日(月)明日館講堂を使ってのおさなごとなります。
詳細は後日紹介いたします。



posted by 東京第一友の会 at 22:47| おさなごと母のつどい