2019年05月30日

2019年5月例会が行われました

2019年5月9日(木)、東京第一友の会の5月例会が、自由学園明日館講堂で行われました。
例会読書「大いなる隘路と大いなる希望と」−羽仁もと子著作集『自由・協力・愛』−

05_hana.jpg

○例会読書の感想(一部抜粋)(光が丘方面 Yさん)
この文章を書かれた昭和19 年、日本は真っ黒に横たわっている戦争の大隘路でした。その中でも生徒たちとこのような話し合いをする先生はとても希望と信仰に満ちていらっしゃったのだ感じました。
友の会でもさまざまな隘路があったと思いますが、乗り越えられたのは会員一人ひとりの希望から、最寄、方面、社会へと広がっていったパワーがあったからだと思います。
学生時代、全国友の会大会のお手伝いをしたときに、学生にはない不思議なパワーを感じたことを思い出します。入会した今では、友の会のことをクラスの人達にもっと知ってもらいたいと思い、LINEグループに家事家計講習会や第一でのイベントをアップしています。多くの友が興味をもってくれているので続けたいと思っています。

<経済について>
2018年度の東京第一友の会の決算と、2019年度の予算について説明があり、会場の参加者により承認されました。

保健衛生費の消耗品の目安について〜南関東部生活勉強会の報告より>
〔ティッシュペーパー〕 目安は前回に比べ1.5倍としましたが、50代以下の人は50代以上の倍近い使用量でした。
〔石けん〕…固形派と液体派に分かれました。液体の方が固形に比べ倍以上の金額になるということで、目安も固形派と液体派に分けて出しました。
〔ワンプッシュ〕…手洗いと浴用の液体石けん、シャンプーリンスの液体のものは、使い過ぎが気になります。ワンプッシュでいいところを押しすぎていないか、家庭で見直してみましょう。

<全国生活時間しらべについて>
(常任委員 Sさん)
6月1日〜15日、今年は、5年に一度の「全国生活時間しらべ」が行われます。時間は流れてしまうので、切り取ってみることで、生活を振り返り、生活の質を上げることにもつながります。みんなが同じ調べものをすることで、世代を超えて感化しあって、気がつくこともあります。時間の中身、時間の質についても、自分らしい合理的生活とは何かを考えるきっかけになるのではないでしょうか。
(全国友の会 時間しらべグループのIさん、Yさん)
時間しらべ・器具しらべの用紙について詳しい説明がありました。

<おしらせ>
○共同購入より
花豆とトーフミールのお勧め

05_04.jpg

花豆…大豆を加熱して圧縮したもので、煮ものにいれるとすぐ柔らかくなって食べやすい食材です。

トーフミール…こうや豆腐を粉末状に加工した「粉とうふ」です。最近、悪玉コレステロール値を抑える働きがあると言われ、注目されているそうです。お料理にもお菓子にも使えます。トーフミールを使った「ちんすこう」は大好評でした。試験的にとった姉妹品の「粉とうふカレー味」は、ドリアやポテトサラダにすぐ展開できる優れものでした。
他にもいろいろな商品がありますので、共同購入の部屋にお寄りください。(月、火、金、10時〜3時、開いています)

05_03s.jpg

○子ども研究グループ 
おやつレシピ「手軽にできるおやつ」(1冊300円)

在庫がなくなっていた「手軽にできるおやつ」ですが、今回、内容を少し見直し、作りやすい分量にして作りました。大人が食べても優しい味です。どうぞ活用してください。友の家 事務室窓口で購入できます。(31レシピ A5厚紙 リングとじ)

○6月15日(土)10:30〜13:30「おさなごと家族のつどい」を行います。「おやこでいっしょに、おやつ作り〜野菜を使ったヘルシースイーツ〜」

<その他>
「食事しらべについて」
「組織について考える」etc.

講習会のお知らせ等は、東京第一のホームページをご覧ください。

6月1日(土)10時〜12時、東京第一友の会の6月例会を行います。東京第一友の会で初めての土曜例会です。受付後、会員でない方もお入りいただけますので、どうぞご参加ください。

posted by 東京第一友の会 at 17:04| 東京第一友の会