2017年07月30日

職業組の清拭布を縫う会

7月29日(土)職業組で清拭布を縫う会を行いました。
この日は40代から80代の9人の方が集まり、10反のさらしから50枚の清拭布を作りました。

IMG_0654.JPG
まずは、1反のさらしを180cmずつに裁断します。
友の家のテーブルは広いので、裁断しやすいです。

IMG_0656.JPG
裁断のあとは、ミシンで「折り伏せ縫い」をします。

使いやすいミシンでしたので、12時過ぎには50枚の清拭布が出来ました。
今までは、残った分を、数人が家に持ち帰って作ることが多かったのですが、友の家であっという間にできたので、みんな大喜びでした。

参加された方からは、「皆で仕事をすると、作業の進め方の工夫など、いろいろな発見があって面白いです」という感想がありました。

この清拭布は、各方面が作り、9月例会に提出します。集められた清拭布はホームに送られ、「白いダイヤ」として、大切に使われているそうです。

普段は時間がないため、行事に参加しにくい職業組ですが、この清拭布作りだけは、何十年と続いている夏の大事な取り組みです。

よろしかったら職業組のブログもご覧ください。

posted by 東京第一友の会 at 21:55| 方面・最寄紹介