2022年09月10日

「家事ごよみ」〜2022年9月〜

title-kajigoyomi05.gif
(会員 N.O)

▼▲▼くらし快適ノートE〜Simple Life〜▼▲▼

夏の片付け
画像1.jpg

朝晩は秋の空気が感じられるようになりました。10月の衣替えを前に、少しずつ夏の片付けを始めましょう。

・夏の衣類 
まだ残暑が厳しい日もありますが、そろそろ洋服は秋めいたものになっていきます。真夏に着ていた、タンクトップやサマードレスなど、秋口に着ない衣類は洗濯をして収納しましょう。まとめて衣替えをするより、少しずつ夏物を片付けていくと、衣替えが楽になります。首まわりが伸びた物や、色あせした物など、衣服のいたみを確認し、来シーズン着ないと思うものは、この機会に処分を考えましょう。

・夏の小物 
帽子、サンダル、バックなどの小物も、しまう前に手入れをしましょう。帽子は思いのほか、汗や皮脂などで汚れています。洗える素材のものは、中性洗剤を溶いた洗濯液で手洗いして脱水します。ツバにプラスチックなどの素材を使用している物は折れやすいので、タオルなどで水気をとり、陰干しします。サンダルはほこりを落とし、通常の手入れをして収納します。かごバックは汚れがついていないか確認し、汚れている場合は、歯ブラシで汚れを落としてから、固く絞ったタオルで全体を拭きます。特に持ち手のところはカビが生えやすいので、丁寧に拭き、陰干ししてから、しまいましょう。

画像2.jpg

・夏のインテリア 
いぐさのラグや涼を感じるのれん、風鈴なども手入れをして片づけます。窓辺にかけたよしずやサンシェードもしまいます。汚れがひどくない場合は、ブラシや小ほうきなどで汚れを落とし、雨やほこりで汚れている場合は、ざっと水洗いし、干してからしまいましょう。天然素材のものは、防虫剤を入れておくと良いでしょう。扇風機は羽の汚れを落としてから収納します。しばらく使用しなくなるエアコンはフィルターや内部、外部の手入れをしておきます。送風でしばらく運転させると、内部の水分が乾燥し、カビの発生が抑えられます。

画像3.jpg

・熱中症予防グッズ
今年も厳しい暑さが続いたため、暑さ対策品を用意した家庭も多いでしょう。首元を冷やす冷却用の枕や保冷剤などは、最低限を残して片付けると冷蔵庫の中もスッキリします。

・レジャー用品
水着や浮き輪など海や川のレジャー用品も、使う予定がなければ片付けてしまいます。来シーズンも気持ちよく使用するために、所定の場所にきちんと収納しておきましょう。

・旅の思い出
家族で出かけた旅行のパンフレットや写真なども、整理し片付けます。資料やチケットなどは1か所にまとめてファイルしておくと散らからず、次のレジャーの参考になります。

画像4.jpg

・夏の食材
そうめんなどの乾麺は賞味期限も長く、一年中使えるものですが、たくさんあるものは、消費することをお勧めします。暑い時期に美味しいと感じたものは、気温が下がるとなかなか消費しにくくなります。盛夏用にストックしたゼリー、アイス、手作りの梅シロップなども早めに食べきりましょう。

◆夏に余ったそうめんの活用法!◆
@そうめんチャンプルー

画像5.jpg
(材料 2〜3人分)
そうめん  150g
ツナ     1缶
キャベツ  2枚
ピーマン  1個
干し椎茸  1枚
玉ねぎ   1/4個
人参    1/8本
にら     2本
  ・
ごま油   小さじ2
醤油    大さじ1
塩、胡椒  少々
(作り方)
1.干し椎茸は水で戻す。
2.野菜は長さ3〜4cmの細切にする。
3.そうめんを固めに茹でる(1分以内)。
4.茹で上がった麺は流水でぬめりを落とし、水気をしっかり切る。
5.そうめんにツナ缶の油をかけ、ほぐしておく。
6.フライパンにごま油を熱し、固い野菜から炒め、ツナを加える。
7. そうめんを加え、塩、胡椒、醤油で味を整える。

Aにゅうめん
画像6.jpg
(材料 4人分 つゆは作りやすい分量)
そうめん  200g
鶏もも肉  150g (1/2枚)
長ネギ   1本
しめじ    1/3株
干し椎茸  1枚
細ねぎ   少々
  ・
水      6カップ
白だし   1カップ
(今回は7倍濃縮の白だしを使用)
(作り方)
1.干し椎茸は水で戻す。
2.鶏もも肉は余分な油をとり、一口大に切る。長ネギは斜めの細切り、干し椎茸は細切り、細ねぎは小口切りにする。しめじは石づきを落としてほぐす。
3.鍋に水と白だし、長ネギ、干し椎茸、しめじを入れ煮立てる。
4. そうめんを固めに茹で、水で洗い水気をしっかり切る。
5.鍋が煮立ったら鶏もも肉を加え、火が通ったら、そうめんを加え一煮立ちさせる。味を見て、必要であれば塩少々(分量外)で味を整える。
6.器に盛り、細ねぎを散らす。

白だしを使用していますが、めんつゆ、顆粒だし、鶏ガラスープなど、好みのもので作れます。具材もお好みでアレンジできます。水、だしの分量は製品の指示に従ってください。

♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪

▼▲▼実践! くらし快適術E▼▲▼

台風に備える
9月から10月にかけて多くの台風が発生し、日本列島に接近・上陸、各地に大きな被害をもたらします。台風が発生したら、前もって備えをしておきましょう。

ベランダ・家の周り
飛びそうなもの、倒れそうなものがないかチェックし撤去もしくは固定します。植木鉢は室内か風の当たらない場所に移動し、物干し竿などは取り外して安全な場所に置きます。雨戸のある場合はしっかり閉め、ない場合もガラスが割れた時に備えてカーテンを閉めておきましょう。

雨水の通り道を確保する
雨どいや排水溝、側溝の詰まりがないか、確認しておきましょう。土や枯葉・ゴミなどが詰まっている場合は、割り箸などを使い、奥から汚れを取り除いておきます。各自治体では、浸水防止用の土のう袋を配布しています。どこに行けばもらえるのか確認しておきましょう。緊急の場合は、ゴミ袋などを2重にし、水を入れて口を結べば「土のう」の代わりになります。

画像7.jpg

停電に備えて
懐中電灯、ラジオ、電池、モバイルバッテリーも準備しておくと安心です。携帯電話は充電をしておきましょう。電池は長期保存していると、液漏れしている場合もあるので確認をして補充しておきます。

雷への対策
台風やゲリラ豪雨の時に、雷が落ちて家電製品が使えなくなったという話をよく耳にします。「雷サージ」という異常な高電圧がケーブルを通して家の中に入り込み、家電や通信機器が故障してしまう現象です。雷サージ対策用に専用のタップが売られていますが、ない場合は家電のコンセントとケーブルを抜いておくと安心です。

食料・水
食品の流通が止まることも考えられるため、余裕を持って用意をしておきます。乾物、缶詰は電気が使えなくても保存に困りません。保存食品を見直す機会としてもよいでしょう。昔の主婦は、台風が近づくとご飯を多めに炊いて、おにぎりをたくさん作り備えたと聞きます。もしもの時を想定して備えることが大切です。断水することも考えられるので、飲み水も確保しておきましょう。お風呂のお湯を残しておくと、トイレや洗濯、洗い物などに使えます。

♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪

▼▲▼羽仁もと子の言葉▼▲▼
物の軽重大小を間違いなくわかる人になるのには、平生自分でよく気をつけて、世の中のことを見たり聞いたりしなければなりません。
−「少女と語る」羽仁もと子著作集『若き姉妹に寄す』より

次回は10月8日(土)更新予定です。お楽しみに。
posted by 東京第一友の会 at 00:00| 家事ごよみ