2021年12月11日

「家事ごよみ」〜2021年12月1回目〜

title-kajigoyomi05.gif
(会員 N.O)

▼▲▼主婦の知恵袋M▼▲▼

気持ちもスッキリ 家計簿活用術


1201@.jpg

こんな人たちいませんか〜?
「師走と聞くだけでなんだかソワソワしてしまいます」

クリスマス、忘年会、と周囲も慌しくて、気持ちばかりが焦り、空回りしてしまいます。晴れやかな気持ちで年を越すためにはどうしたらいいでしょう?

こうしてみたら、すっきりしました!
「家計簿の費目を使って頭の中を整理してみましょう」
友の会の会員は日頃から家計簿をつけています。家計簿はお金の管理をするだけのものと考えられがちですが、実は頭の中の整理にもとても役立つものです。今回は家計簿の費目に沿って、年内の家事、やっておきたいことを整理してみたいと思います。

家計簿2020_05.png

「食費」
食費には副食、主食、調味料とあります。まず、年内に使い切るべき食材がないか、冷蔵庫や食品庫を見回してみましょう。年末年始の買い物をするとさらに家の中の食材が増えて分かりにくくなります。買い物をする前に、まずは在庫確認と消費期限に目を向けましょう。続けて、クリスマス、大みそか、お正月の食材で必要なものをリストアップします。ついつい買いだめをしたくなりますが、年末商戦の流れに飲み込まれないように、冷静に判断を。

「光熱費」
暖房の必要な季節です。節電、節エネルギーを心がけましょう。灯油、電池の在庫管理に加えて、お鍋などに使うカセットコンロ用ボンベの在庫も確認しておきましょう。災害時の備蓄用にも必要です。      

「住居、家具費」
大掃除はこの費目に入ります。掃除だけでなく、不用品の処分などは年末混み合います。早めに着手するとよいでしょう。

「衣服費」
冬のセールでの買い物、下着の入れ替えは計画的に。シーツの洗濯など寝具の手入れも確認しましょう。古いタオルの入れ替えなども忘れずに。

「教育費」
小さい子どものいる人はクリスマスプレゼント、お年玉の用意などがあるでしょう。学校や塾の冬期講習の予定なども確認し、プリント類や机周りの片付けをして、子どもと気持ち良く新年が迎えられるようにします。

「交際費」
年賀状、クリスマスカードの発送、お歳暮の手配など。忘年会やクリスマスパーティーを開く場合もあるでしょう。今年1年の感謝を胸に、心温まる時間を過ごしたいものですね。新年の挨拶回りの心づもりも忘れずに。

「教養費」
「クリスマスキャロル」などの映画、年末に聴く「第九」、テレビの「紅白歌合戦」など、この時期ならではの楽しみもたくさんあります。以前インタビューに登場した友の会の井田典子さんは、30日までに用事を済ませて、大みそかは家族と映画を観に行くことにしていると話していました。やることを段取り良く済ませ、ゆっくりと年を越すというのも、素敵な時間の過ごし方ですね。

「娯楽費」
スキーや温泉、旅行を予定している人も多いでしょう。遠出しなくても近所の散策、テレビでのスポーツ観戦などお金や時間をかけない方法もあります。活動的に過ごすだけでなく、家でのんびりという過ごし方もうまく取り合わせて、楽しく元気に過ごしたいものです。

「保健・衛生費」
インフルエンザが流行する時期です。予防接種は体調を崩すと受けられなくなるため、時間に余裕のあるうちに済ませておきましょう。しっかりと睡眠をとり、手洗い・うがいを徹底して、体調管理に気をつけましょう。

「職業費」
この費目は仕事に関係する勉強、道具、交際などにかかる費用です。古くは夫の小遣いをこの費目にいれていました。現代は妻の費用も含みます。年末は仕事関連の忘年会、お歳暮などが主にかかるようです。

「特別費」
両親や先祖などにかけるお金の費目です。帰省やお墓参りの予定、準備など。
このほか、家庭事務関連もこの費目に入ります。新しいカレンダーや手帳、家計簿を用意して、新年を迎える準備をしましょう。

主婦日記03.png

「公共費」
歳末助け合いや募金などがこの費目に入ります。お金だけでなく、ボランティア活動などでも人に寄り添うことはできます。自分にできることを考えてみるのも大切ですね。

「自動車費」
年末はガソリンスタンドも混雑します。車内の掃除や洗車もなるべく早めに済ませておくと、年末の負担が軽くなります。

最後に
こうして家計簿の費目ごとに考えてみると、生活全般が見渡せるようになります。何か一つばかりに気をとられると、ほかのことに気が回らなくなってしまいます。やることがわからなくなったら、一息ついて頭の整理をしてみましょう。師走のせかせかしたペースに心乱されることなく、一つずつやれることをやって、気持ち良く1年を終えたいものですね。

▼▲▼毎日のお掃除、ときどきのお掃除K▼▲▼

「天井、壁、ドア枠、巾木の掃除にトライ」
大掃除のシーズンとなりました。今回は日頃あまり意識の向かない部分の丁寧掃除を紹介します。普段気がつかないところですが、1度掃除をすると、家中のほこりが落ちるようで、室内が明るくなり、澄んだ空気に満たされます。ぜひ年末までにトライしてみましょう。
1201C.jpg

■天井、壁のお掃除
ほこりが舞い落ちるので、家族が留守の時や寝る前などに行うのがよいでしょう。柄の長いハタキなどで天井をさっとなでるようにします。天井に触れるか触れないかくらいの距離でほこりをハタキに付着させるか、落とします。壁も同様にハタキを上から下へとさっとなで降ろします。この時、天井や壁についている通気口のほこりも取り除いておきましょう。近年では24時間換気の通気口がついている家が多くなっています。ほこりが溜まると家中の空気の循環に影響が出るので、時折見上げてチェックしておきましょう。
ハタキをかけると、ほこりが床に落ちるのに7、8時間かかります。夜掃除したら、朝一番にモップなどでほこりをぬぐいとっておきましょう。落ちたほこりが舞い上がるのが防げます。

■ドア、ドア枠のお掃除
まずはドアとドア枠を拭きましょう。木製であれば、仕上げ拭きの必要ないワックスで拭き上げると手軽にできます。汚れを落とすと同時にワックス効果も得られるので、一石二鳥です。

■巾木(はばき)のお掃除
巾木は壁と床が接するところに貼られている木のことです。壁から数ミリ飛び出しているので、よく見るとほこりがずいぶんと溜まっています。ドア枠と同じようにワックスかけをすると汚れが落ちて輝きを取り戻します。

1201D.jpg

大きな家では、これらをきれいにするだけでもずいぶんと時間がかかります。何日かに分けて、今日は廊下だけ、あるいは1階だけ、というようにエリアを絞って行うとよいでしょう。ほんの少しでもとりかかるとエンジンがかかって、家全体をきれいにする気がおきてきます。

♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪

▼▲▼羽仁もと子の言葉▼▲▼
われら友ありという気のする時ほど、豊かに楽しいことはない。こうした時を多くもつ人になりたい。年の暮れが来る、クリスマスが来る、そうして私は多くの友を憶(おも)う。
−「われら友あり」−羽仁もと子著作集『教育三十年』


次回の更新予定は12月25日(土)です。どうぞお楽しみに!

(文責:この記事は、2014年4月から2020年3月まで東京第一友の会が情報提供をしていた、NHKニュースandスポーツ(有料ニュースサイト)に掲載されたものの一部です)
posted by 東京第一友の会 at 00:00| 家事ごよみ