2021年04月24日

「家事ごよみ」〜4月2回目〜

title-kajigoyomi05.gif
(会員 N.O)


▼▲▼主婦の知恵袋A▼▲▼

夜ゆっくり休むために


0402_01.jpg

こんな人たちいませんか〜?
「今日こそ早く寝ようと思うのに気づけば深夜。寝不足が続きます」

新生活が始まりました。春は生活リズムを整えましょう。前回の朝の過ごし方に続いて、今回は夜の時間について考えてみます。

こうしてみたら、すっきりしました!
「区切りを意識してみましょう」

現代社会では24時間活動しているところもあるようですが、基本的には夜は休養、休息をとりたいもの。
仕事に追われ、時間に追われる毎日ですが、しっかり休む時間を確保するように心がけましょう。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

就寝時間を決めて、やることを選びましょう
日中忙しくしているので、夜はゆっくり、気ままに過ごしたい気分になりますが、それでは生活がまわっていきません。帰宅してから布団に入るまでの時間を、一度じっくり考えてみましょう。

■起床時間から睡眠時間を逆算して、就寝時間を決める
10時半には寝る、その日のうちにベッドに入る、など、自分の目標をまず決めます。

■生活パターンを体に覚えさせる
食後30分で片付け、ニュースを見ながら洗濯物を畳む、というように自分なりの生活パターンを決めてみます。
すべてをその日の気分に任せると、ひとつひとつの動作、作業がおっくうになり、何もする気がおきなくなります。考えなくても時間がきたら体が動くといったように、生活のパターンをつけてしまうのがおすすめです。

■余暇の時間に区切りをつける
見る連続ドラマは選んでおく、ニュース番組は1つと決める、ネットサーフィン、SNSは1時間までなど、時間を決めておきましょう。

■お楽しみは日替わりで
お風呂に長くつかる日、パックやマッサージをする日、お気に入りのドラマを見る日、読書をする日、子どもと絵本をたくさん読む日など、曜日によって決めておくのもよいかもしれません。1日に全てをすることは出来ないけれど、一つずつやっていけば、一週間でたくさんのことができます。反対に料理や家事は極力しない、ぼーっとする日を作るのも、リフレッシュには効果的です。

0402_02.jpg

■家族との生活時間を考える
幼い子どもがいる場合は、子どもと一緒に寝てしまうというのもひとつの手です。寝かしつけをしているうちに、自分も寝てしまうことが多かったので、夜の家事は全て早朝にまわしていたという人は、友の会にも結構いました。反対に子どもが大きくなり帰宅時間が遅い場合は、子どもや家族を待たずに先に眠るという人も。家族皆の生活時間に合わせると、主婦にはどうしても多くの負担がかかります。自分の体力保持のためにも、睡眠時間を確保しましょう。

■家にも休息の時間を
筆者が友の会に入会したころ、朝が来ればすぐに開けるのだから、リビングの厚手のカーテンは開けたままにしておいてもよいのでは?と先輩主婦に聞いたことがあります。その時、「人間に休息が必要なように、家にも休み時間が必要よ」という答えが返ってきて、妙に納得した記憶があります。こうこうと明かりやテレビがつきっぱなしでは、家も休むことができません。雨戸やカーテンを閉め、明かりを消して家にも休息を与えましょう。

■寝る前の家を整える
羽仁もと子著作集の中に「寝る前の家」『家事家計篇』という文章がありますが、その日の後始末をすること、翌朝の準備をすることが、誰でもどこでも早速実行できる、家事整理の根本と教えています。以下に友の会の主婦たちが挙げた心がけをご紹介します。

・台所の片づけをする
0402_03.jpg

・ 食卓に何も置かない
・ 玄関をととのえる
・ 朝食の下準備をしておく
・ やかんに水を1杯くむ
0402_04.jpg

・ 火の元の確認
・ 家計簿記帳 
・ 持ち物、洋服をととのえる
・ ゴミ出しの準備をする
・ ものを定位置に戻す
・ 翌日の予定を確認する

すべてを完璧にこなすのは難しいけれど、すぐにできるものもたくさんあります。自分にあったものを、今夜から試してみてくださいね。

♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪

▼▲▼毎日のお掃除、ときどきのお掃除A▼▲▼

「トイレ掃除を毎日の日課に」



どうしてもおっくうに感じてしまうトイレ掃除。続けるコツは、とにかく毎日することのようです。

0402_05.jpg

■毎日掃除
使うたびに掃除する、という人も中にはいますが、まずは1日1回ブラシでこすることを毎日の日課にしましょう。筆者はお風呂に入る前に、毎日することを心がけました。トイレ用洗剤(ナチュラルクリーニングであればクエン酸水スプレー)をふきかけ、便器の内側をこすります。トイレットペーパーで周りを拭けばこれで終了。時間にして1分とかからない、簡単掃除です。

もう一つのポイントは、トイレタンクの水が流れる受け皿です。手を洗うたびに、受け皿を指でなでてこすっておきます。そうすると、ほこりがたまり水あかがこびりつくことが防げます。
この二つを続けるだけでも、人を家に招き入れることが苦痛でなくなります。忙しくて、丁寧掃除がなかなかできないときでも、これだけできていれば、明るい気持ちをキープできますね。

0402_06.jpg

■ときどき掃除(丁寧掃除)
週に1回〜2回、半乾きの雑巾(使い捨てのお掃除シートでも)などで棚の上、トイレの壁、床、便器などを拭きます。取り替えるのを忘れがちな手拭きタオルも、定期的に交換しましょう。先に挙げた毎日掃除に加え、こちらの掃除もやり終えると、心がすっきり軽くなります。毎日掃除と、ときどき掃除の二つをうまく組み合わせることで、もうトイレ掃除に悩むことはなくなります。

♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪

▼▲▼羽仁もと子の言葉▼▲▼

簡単なことは早く出来ます。しかし仕事が面倒に重大になって来れば、その著しい成長を見るまでには、多くの工夫と骨折りと時日がかかります。(中略)ふりかかって来た当面の仕事を、ただ事務的に習慣的に取り扱っているだけでは、私たちの舞台は空虚になってしまいます。舞台を空(から)にしないで、走馬灯にしないで、事に当たって湧いて来る各自の思いをとりあげとりあげ、幼児のようなかぎりなく張り合いのある日々(にちにち)を送りましょう。
−「おさなごの如く」−羽仁もと子著作集『思想しつつ生活しつつ(上)』

次回の更新予定は5月8日(土)です。どうぞお楽しみに!

(文責:この記事は、2014年4月から2020年3月まで東京第一友の会が情報提供をしていた、NHKニュースandスポーツ(有料ニュースサイト)に掲載されたものの一部です)
posted by 東京第一友の会 at 00:00| 家事ごよみ

2021年04月20日

4/19(月)春のお庭でおさなごと母のつどい

210419.jpg
爽やかなお天気にも恵まれ、春のお庭でお散歩にいらしてくださった皆様と楽しくお庭で遊びました。お庭はもう桜は散っていましたが、馬酔草(あしび)の花が小さな鈴のように咲いて、良い香りです。池にはメダカやおたまじゃくしも。月齢の近い小さなお子さんがおられるママ同士のお話や3歳くらいになるともののやり取りも楽しく、かして、一緒に、ダ〜メがあったり、いいよって言えなくても許したり、最後には「また遊ぼうね〜」と手を振りあってお見送り。
00CF583B-F1F3-44EC-81BB-D1383FB4255D.jpg
21年度のおさなごと母の集いは、こんなふうに何かのプログラムはありませんが、スタッフが小さな遊びの種を持って行ったり、皆さんの意見や保育の情報交換だけでなくチャリティのフリマなども考えています。こんな時期なのでたくさんに賑やかに集まって、は出来ませんがオンラインのつどいも新しいコーナーを考えています。
皆さんのご参加、こんなことしたい!ぜひお持ち込みくださいね。次回は5/24(月)を予定しています。
posted by 東京第一友の会 at 13:24| おさなごと母のつどい

2021年04月10日

「家事ごよみ」〜4月1回目〜

title-kajigoyomi05.gif
(会員 N.O)


▼▲▼主婦の知恵袋@▼▲▼

気持ちのよい朝の過ごし方

画像2.jpg

こんな人たちいませんか〜?
「毎朝バタバタしていて、朝からどっと疲れてしまう」
今年度のこのコーナーでは、生活のちょっとした不便や悩みについて、友の会の会員で日頃から話し合っている工夫やヒントを紹介します。
今回は新年度の第一回目、気持ちのよい朝の過ごし方について考えましょう。

こうしてみたら、すっきりしました!
「ちょっと先のことを考えてみよう」
友の会には子どもとの生活を考える研究グループがありますが、そこでよく使われているのがこの言葉です。大人にとっても、子どもにとっても生活リズムを整えて、気持ち良く生活するためには、「少し先のことを考えること」が大切なポイントになります。

行き当たりばったりで暮らしていると、常にバタバタと落ち着きません。反対に先のことを考えすぎると、心ここにあらずで、今を取り逃がしてしまいます。少しだけ、ちょっとだけ、先のことを考える。そうした習慣を持つ。こうしてみると不思議なことにスムーズに時間が流れ始めます。加えて、朝の時間を大切にしようと思う意識だけでも、生活が変わります。
以下に友の会会員の普通の主婦たちから出た「朝の工夫」のいくつかをご紹介します。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

段取りをよくしよう

■荷物は前夜にまとめておく
 準備ができるだけでも明日が楽しみになります。

画像3.jpg

■みそ汁の具を用意しておく、昆布といりこを水につけておく
 すぐに調理にとりかかれます。火を入れておみそを溶けばできあがり。
 具の取り合わせもパターンをいくつか作っておくと、変化がつきます。

IMG_2124 3.jpeg

■ごみをまとめて出す準備をしておく
 袋にまとめるところまでしておけば、朝出た生ゴミを加えてすぐ出せます。    
 朝のバタバタはこれで解消!

画像5.jpg

■朝食はパターン化している
 キャベツやにんじん、ウインナーを用意しておくと、毎朝、野菜炒めが簡単に作れます。ごはん、みそ汁、納豆、漬物が平日の定番。時間に余裕があれば目玉焼きをプラス。
 お休みの日だけは、ゆっくり丁寧に用意してもよいですね。

画像6.jpg

■お弁当箱と水筒を出しておく
 これだけのことでも、貴重な朝の時間を節約できます。

画像7.jpg

■やることをすべて書き出して順番を決めた
 たくさんやることがあるので、全てを付箋に書き出して整理します。
 朝しなくてもよいことは他の時間にまわしたり、順番を入れ替えて工夫してみるとよいです。
 覚えるまではそのリストを見ながら行動してみましょう。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

朝の時間を大切に

■朝の楽しみを一つ作る
 早起きして一人コーヒーを飲み、新聞をゆっくり読む時間をとりましょう。
 クラシックやカフェで流れているような音楽を流すのもおすすめです。

■ラジオ体操で体を起こす
 ラジオ体操やテレビの体操に合わせて体を動かしてみましょう。
 散歩を朝の日課にすると、ジムに通わなくても運動不足を解消できます。

♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪

▼▲▼毎日のお掃除、ときどきのお掃除@▼▲▼

家はいつも、きちんときれいにしたいけれど、なかなかそうはいきません。忙しい日々の中、家のあちこちの汚ればかりが気になると気持ちもふさぎます。少しの努力の積み重ねで、きれい、すっきりをキープしましょう。このコーナーでは、日々の掃除のポイントについて毎回取り上げます。

「床置きゼロを目指しましょう」

画像8.jpg

細かな掃除について考える前に、まずは家全体を見回してみましょう。ちょっと置いたカバン、子どもの脱ぎ散らかした洋服、積み上げられた本など、油断するとすぐに床に物がたまります。掃除をするためにも、見た目にすっきりさせるためにも、まずは床に物を置かないように意識してみませんか?

■箱やカゴを持って、家の中を回ってみましょう。
部屋の床に散乱しているものを、まずはざっと集めてみます。その場その場で元の場所に戻せることが理想ですが、行き先、置き場所が決まっていないから散らかっていることがよくあります。集めたものを一つずつ見て、置き場所が確保されているかを確認してみましょう。

画像9.jpg
毎日、あっという間に物は散らかります

■スマホなどで写真を撮ってみましょう
片付け始める前に、ありのままの写真を撮ってみます。不思議と視点が変わって冷静に対策が見えてくることがよくあります。ビフォーが散らかっているほど、アフターが楽しみになり、達成感も強く感じられるようになります。

■メモを片手に家をまわる。
写真を撮ることにも通じますが、実際に片付ける前に頭の中を整理するのに役立ちます。片付かないところ、もやもやしているところ、問題点をメモしておきます。時間がなくてすぐに片付けられないときでも、書いておくことで解決策がひらめくということもよくあります。

「床置きゼロ」という目標を掲げても、実際にはそう簡単ではありません。生活しているとすぐにものは山積みになることも多いでしょう。それでも意識して行動をくりかえしていくことで、少しずつ散らかり具合が減っていきます。床にものがなければ、掃除機をかけることも苦になりません。多少掃除ができない時間が続いても、すっきりした気分はキープできます。忙しい毎日だからこそ、この春「床置きゼロ」を目指してみませんか?

♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪

▼▲▼羽仁もと子の言葉▼▲▼

「学園小学校入学式にて-----
これから先もヨクミルことをしなくてはなりません。それからヨクキクが出来なくてはなりません。ヨクスルことも出来なくてはなりません。学校にはいろいろの面白いことといっしょに、気をつけて聞いたりおぼえたり、また考えたりしなくてはならないことがたくさんあります。」
−「ヨクミル・ヨクキク・ヨクスル」−羽仁もと子著作集『教育三十年』

次回の更新予定は4月24日(土)です。どうぞお楽しみに!

(文責:この記事は、2014年4月から2020年3月まで東京第一友の会が情報提供をしていた、NHKニュースandスポーツ(有料ニュースサイト)に掲載されたものの一部です)
posted by 東京第一友の会 at 00:00| 家事ごよみ