2020年04月25日

「家事ごよみ」〜4月1回目〜

title-kajigoyomi05.gif
(会員N.O)

▼▲▼家事ごよみ@▼▲▼
毎回、家事ごよみをひとつずつご紹介していきます。
いまさら聞けない掃除や洗濯、台所しごとなど基本の家事をシンプルな形でご紹介します。
友の会に古くから伝わる生活の知恵、日々の暮らしの根底に流れる思想も合わせてお伝えしていきます。どうぞ、お楽しみに。

ポイント!:はたきをかけましょう

陽射しが明るくなり、ほこりの目立つ季節です。
ほうきや掃除機で床を掃除したり、雑巾などで拭き取るだけでなく、はたきを使ってみましょう。障子の桟をはたくといった昔ながらのはたきに加え、現在は化繊ばたきに静電気を起こし、ほこりを拭い取るのが主流になっています。はたきを使うことで、日々の掃除が格段に楽になります。

0401.jpg

ほこりをはたく
掃除機をかける前夜に、天井や壁などをさっとはたいておくと、夜のうちにほこりが床に落ちます。レースや厚手のカーテンにもはたきをかけ、窓の外に出し、ぱんぱんとはたいておくと、ほこりも落ちてすっきりします。小さな子どもがカーテンの裏に隠れて遊ぶなんていう時も、これでドキッとすることがなくなりますよ。

0402.jpg

手の届かないところにも使えます
高い棚や照明器具もはたきがあれば、楽に掃除ができます。ほこりのたまりやすいところもまめにはたきを使うことで、家全体をすっきりとキープできます。

0403.jpg

家電周辺や狭いところにも使えます
静電気の起きやすいテレビなどのオーディオ機器は、拭いてもすぐにほこりを吸い寄せます。気づいた時にさっとなでておきましょう。電子レンジの下、コンセントやコードの周辺、写真立てのような小物の周辺も小さなはたきが大活躍します。ものを一つずつよけて拭き掃除をするより、簡単にきれいになります。

0404.jpg

まめにはたきをかけていれば、ほこりは舞いません。長い間ほこりがたまると、マスクやほおかむりなしでは、はたきがけはできません。少しの労力ですが、まめにすることが大切です。掃除の時間のルーティーンに、気分転換に「ちょっとのはたきかけ」を習慣にしてみてはいかがですか?

今回のキーワード
「〜汚れはためない〜」


♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪

▼▲▼家族と一緒に家のこと@▼▲▼
家庭はみんなでつくるもの。このコーナーでは1年を通じて、主婦だけが頑張るのでなく、子どもや夫と協力できる家のことを取り上げてみたいと思います。

翌日準備を習慣にしましょう
新年度がスタートしました。新生活にはもう慣れましたか? 朝出がけに着ていく洋服を悩んだり、持ち物を探して慌てたりすることはありませんか? この春はまず、家族みんなで翌日の準備をするように心がけてみましょう。

お支度箱、お支度コーナーを用意しましょう
翌日の洋服、持ち物を置く場所を確保しましょう。寝る前にも翌日の予定を確認して、必要な物を揃えておくようにしましょう。そこにあるものをすべて持って出かければ、忘れ物はありません。子どもだけでなく、大人にとっても効果絶大です。翌日の心づもりをするだけで、明日が来るのが楽しみになりますよ。

0405.jpg

♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪

▼▲▼あるものでもう一品! お助けレシピ@▼▲▼
スーパーでお惣菜を買わなくても、おうちに作りおきの副菜があれば本当に助かります。栄養バランスも整い、気分的な満足も得られます。そんな副菜メニューをここではご紹介していきます。

昔ながらの日本のお惣菜:きんぴら
甘辛く少し濃いめにつけた味は、日持ちもしてお弁当にも便利。基本の味付けをマスターすれば、食材を変えてもぴたりと味を決められます。お弁当にも、ふだんの食事にも、すぐに出せる副菜の王様です。

0406.jpg

(材料)
ごぼう  1本<
にんじん 1/2 本
油    適宜
しょうゆ 大さじ3
酒    大さじ1
砂糖   大さじ1
ごま   適宜

(作り方)
@ 野菜を3〜4p長さの細切りにし、ごぼうは水に放してあくをぬく。
A 材料を油で炒めながら水少々(分量外)をふってしんなりさせ、調味料を加えて仕上げる。
B 仕上げにごまをふる。

0407.jpg

0408.jpg

しょうゆ3:酒1:砂糖1の割合で、他の食材(じゃがいも、ピーマン、れんこんなど)でもおいしくできます。しらたき、干ししいたけ、じゃこなどを加えてバリエーションをつけてもよいです。

♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪

▼▲▼羽仁もと子のことば▼▲▼

「一つの家庭(いえ)を本当の意味で、正しく明らかに愛深きものに成長させて行くこと、それが出来る人は大人物です。中心人物は主婦であっても、夫も子供も、この大切な家庭に対して、それぞれ責任の立場を受け持っている一人一人です。」
−「我々の住む所」−羽仁もと子著作集第16巻『みどりごの心』(婦人之友社刊)より

次回、4月2回目もどうぞお楽しみに!

(文責:この記事は、2014年4月から2020年3月まで東京第一友の会が情報提供をしていた、NHKニュースandスポーツ(有料ニュースサイト)に掲載されたものの一部です。)

posted by 東京第一友の会 at 11:24| 家事ごよみ