2020年04月27日

「家事ごよみ」〜4月2回目〜

title-kajigoyomi05.gif
(会員 N.O)

▼▲▼家事ごよみA▼▲▼
友の会の創設者、羽仁もと子の著作集の中に「置き場所の決まった家」という文章があります。
その中で、
・家の中を整理してガラクタをなくしましょう
・どんなに小さなものでも置き場所を決めましょう
・後片付けをしっかりしましょう
・物が片付かないのは、心のうちが片付いていないのです 
 と教えています。
今回は物の置き場所について、考えてみたいと思います。

ポイント!:物の置き場所を決めましょう

物にも帰る場所を
私たち人間には、帰って休む場所があります。
物にも置き場所を与えましょう。

物が散らかるのは、それらの帰る場所が明確に定まっていないことがほとんどなのです。
例えば、テーブルの上を見てみましょう。新聞、ダイレクトメール、毎日飲む薬の袋、爪切り、ハサミ、ボールペン、学校のお便り、今朝の朝食で使った食器など。放っておくとすぐにテーブルは物が山積みになってしまいます。

その日の新聞を置く場所、不要なダイレクトメールは古紙回収かゴミ箱へ。薬や爪切りも、手の届きやすいところにあると便利です。ペン立て、プリント類の置き場所も決まっていれば、必要なときにすぐに探すことができます。このように生活の中のちょっとした物にも、それぞれ置き場所を定めておきます。

0402_01.jpg

物の量も考えましょう
物の量が少なければ、管理はしやすくなります。ただ、物が多くても置き場所さえしっかりと決まっていれば、散らかることはありません。家の中を見回してみましょう。置き場所が決まると、おのずとおける量が決まってきます。例えば、トイレットペーパーやティッシュの置き場所が明確に定まっていれば、ストックの量も決まり、残りの量も一目で確認できるため、余分に買い足してしまうということがなくなります。

出す→使う→戻す
このパターンがスムーズにできると、どんなに忙しい日が続いても、家の中は散らかることがなくなります。出しにくい、しまいにくい、と感じるときには、置き場所、置き方がベストではないのかもしれません。ちょっとした工夫で使いやすくなることもずいぶんあります。収納上手な人のアイデアをまねてみるのもいいですね。

0402_02.jpg

家中が片付きます
輪ゴムやクリップといった小さなものから、衣服や寝具といったものまで、全てのものに置き場所を決めましょう。家の中が片付き、必要なときに必要な物が取り出せて、物の命も活かされます。

家族と協力しましょう
自分ひとりで片付けても限界があります。家族と共有しましょう。ちょっとした物の出し入れがスムーズになることで、家族皆が気持ち良く生活できるようになります。

今回のキーワード
  「〜置き場所の決まった家を目指そう〜」


♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪

▼▲▼家族と一緒に家のことA▼▲▼

生活の基本時間を確認しましょう

新年度がスタートして、約ひと月。少しずつ生活にも慣れてきたころです。家族それぞれの生活リズムを確認しましょう。

友の会では起きる、食べる、寝る時間の他に、朝仕事の終了時間を決めましょうと呼びかけてきました。
現代では仕事をする女性も増え、子ども達も日頃の学校の他に、部活動や習い事、塾などとても多忙な生活を送っています。曜日によっても違うと思いますが、だいたいの基本時間が決まっていると安心です。

起床の時間はおのずと決まりますが、決めていないと他の時間はどんどんとずれ込んでしまいます。就寝時間が遅くなることで、生活リズムも乱れてしまいます。子どもも大人も、決めた時間にはお布団に入るように意識してみるとよいでしょう。スマートフォンなどのタイマー機能を使って、就寝時間の少し前にアラームが鳴るように工夫することも一つの手です。

時間が決まっているというのは、一見窮屈そうに感じますが、実際には心づもりがあるだけでずいぶんと気もラクになるものです。頭であれこれ考えなくても、体や気持ちが切り替えやすくなり、疲れにくくなります。
新学期の始まったいま、ぜひ一度、家族皆で話し合ってみてはいかがでしょう?

決めておきたい基本時間
1 起床
2 朝食
3 朝仕事終了時間
4 昼食
5 夕食
6 就寝

主婦 
朝仕事終了時間が大切と言われ続けてきましたが、ポイントは家事をする時間を区切ることにあります。家の仕事はやりだすとキリがありません。15分、30分と決めて時間がきたら一旦切り上げるようにしましょう。


仕事や付き合いなどで帰宅時間が遅くなることも多いでしょう。健康のためにも就寝時間の目標を心に留めておくとよいでしょう。

子ども 
就寝時間が大切です。22時までに眠りにつくと成長ホルモンがよく出ると言われています。子どもの年齢によってもさまざまですが、目標時間は大切です。ゲームをする時間、LINEやSNSを終了する時間といったようなものも、話し合って決めてみるのもおすすめです。

♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪

▼▲▼あるものでもう一品 お助けレシピA▼▲▼

バリエーションを増やして、青菜を積極的に摂りましょう

ほうれん草や小松菜、春菊、にらなど緑の野菜は栄養素の宝庫です。
ビタミン、鉄、カルシウムなど豊富な栄養があり、できれば毎日摂りたい野菜です。
4人家族であれば、毎日1把ほど食べられたら理想的ですが、外食や市販のお弁当ではなかなか摂取できません。意識して普段の食卓に取り入れましょう。

青菜は野菜の中でも、洗う、ゆでる作業が面倒で敬遠するひとも多いのですが、反対に洗ってゆでさえすれば食べられます。あまり難しく考えず、まずは2把でもまとめて洗ってゆでてしまいしょう。

味付けを変えれば、バリエーションは無限に広がります。ゆでてあればラーメンや煮物に添えられますし、お弁当に彩りも加えられます。小松菜などは洗っておけば、炒めものや汁物にすぐに使えて便利です。

0402_03.jpg

(材料)
ほうれん草、小松菜などの青菜 2把


(ゆで方)
@ 青菜を洗う。根元の方は特に丁寧に土を落とす。
A 茎が太ければ、十文字に包丁で切り込みを入れる。

0402_04.jpg

B たっぷりの熱湯を沸かす。1%ほどの塩を加える。(水1Lに塩小さじ山盛り1杯程度)
C 根元の方から入れ30秒ほどゆで、強火のまま上下を入れ替えて、もう30秒ほど茎が柔らかくなるまでゆでる。

0402_05.jpg

D 冷水に放し、流水で一気に冷ます。
E 根元をそろえ、水気を絞る。

0402_06.jpg

(基本のおひたし) 
割りしょうゆ(しょうゆ1:だし2)

(のせるもの、和えるもの
ごま(いりごま/ すりごま/ ペースト)
のり おかかしらす干し、ちりめんじゃこ 錦糸卵 からししょうゆ 
マヨネーズ 納豆 ハム もやし、きのこ(さっとゆでる)

0402_07.jpg
(じゃこと海苔を加えて)

(バリエーション)
ベーコンやコーンなどを加えてバターで炒める

0402_08.jpg
(にんにく、ハム、きのこなどと炒めても)

すのこ付きの保存容器があると便利です。
ほうれん草はゆでると根元の色が変わりやすいので、早めに使い切りましょう。

♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪

▼▲▼羽仁もと子のことば▼▲▼

「よい生活習慣をつくるように日々努力するということは、実に容易なことではありません。まず第一に額(ひたい)に汗して食するということは、すべての人間の人間らしくなるための第一歩です。」
−「生活即教育」−羽仁もと子著作集第11巻『家庭教育篇(下)』(婦人之友社刊)より−

次回 5月1回目(5月15日発行)もどうぞお楽しみに!
(「家事ごよみ」は、毎月2回の掲載予定です。)

(文責:この記事は、2014年4月から2020年3月まで東京第一友の会が情報提供をしていた、NHKニュースandスポーツ(有料ニュースサイト)に掲載されたものの一部です。)

posted by 東京第一友の会 at 11:52| 家事ごよみ

2020年04月25日

「家事ごよみ」〜4月1回目〜

title-kajigoyomi05.gif
(会員N.O)

▼▲▼家事ごよみ@▼▲▼
毎回、家事ごよみをひとつずつご紹介していきます。
いまさら聞けない掃除や洗濯、台所しごとなど基本の家事をシンプルな形でご紹介します。
友の会に古くから伝わる生活の知恵、日々の暮らしの根底に流れる思想も合わせてお伝えしていきます。どうぞ、お楽しみに。

ポイント!:はたきをかけましょう

陽射しが明るくなり、ほこりの目立つ季節です。
ほうきや掃除機で床を掃除したり、雑巾などで拭き取るだけでなく、はたきを使ってみましょう。障子の桟をはたくといった昔ながらのはたきに加え、現在は化繊ばたきに静電気を起こし、ほこりを拭い取るのが主流になっています。はたきを使うことで、日々の掃除が格段に楽になります。

0401.jpg

ほこりをはたく
掃除機をかける前夜に、天井や壁などをさっとはたいておくと、夜のうちにほこりが床に落ちます。レースや厚手のカーテンにもはたきをかけ、窓の外に出し、ぱんぱんとはたいておくと、ほこりも落ちてすっきりします。小さな子どもがカーテンの裏に隠れて遊ぶなんていう時も、これでドキッとすることがなくなりますよ。

0402.jpg

手の届かないところにも使えます
高い棚や照明器具もはたきがあれば、楽に掃除ができます。ほこりのたまりやすいところもまめにはたきを使うことで、家全体をすっきりとキープできます。

0403.jpg

家電周辺や狭いところにも使えます
静電気の起きやすいテレビなどのオーディオ機器は、拭いてもすぐにほこりを吸い寄せます。気づいた時にさっとなでておきましょう。電子レンジの下、コンセントやコードの周辺、写真立てのような小物の周辺も小さなはたきが大活躍します。ものを一つずつよけて拭き掃除をするより、簡単にきれいになります。

0404.jpg

まめにはたきをかけていれば、ほこりは舞いません。長い間ほこりがたまると、マスクやほおかむりなしでは、はたきがけはできません。少しの労力ですが、まめにすることが大切です。掃除の時間のルーティーンに、気分転換に「ちょっとのはたきかけ」を習慣にしてみてはいかがですか?

今回のキーワード
「〜汚れはためない〜」


♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪

▼▲▼家族と一緒に家のこと@▼▲▼
家庭はみんなでつくるもの。このコーナーでは1年を通じて、主婦だけが頑張るのでなく、子どもや夫と協力できる家のことを取り上げてみたいと思います。

翌日準備を習慣にしましょう
新年度がスタートしました。新生活にはもう慣れましたか? 朝出がけに着ていく洋服を悩んだり、持ち物を探して慌てたりすることはありませんか? この春はまず、家族みんなで翌日の準備をするように心がけてみましょう。

お支度箱、お支度コーナーを用意しましょう
翌日の洋服、持ち物を置く場所を確保しましょう。寝る前にも翌日の予定を確認して、必要な物を揃えておくようにしましょう。そこにあるものをすべて持って出かければ、忘れ物はありません。子どもだけでなく、大人にとっても効果絶大です。翌日の心づもりをするだけで、明日が来るのが楽しみになりますよ。

0405.jpg

♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪

▼▲▼あるものでもう一品! お助けレシピ@▼▲▼
スーパーでお惣菜を買わなくても、おうちに作りおきの副菜があれば本当に助かります。栄養バランスも整い、気分的な満足も得られます。そんな副菜メニューをここではご紹介していきます。

昔ながらの日本のお惣菜:きんぴら
甘辛く少し濃いめにつけた味は、日持ちもしてお弁当にも便利。基本の味付けをマスターすれば、食材を変えてもぴたりと味を決められます。お弁当にも、ふだんの食事にも、すぐに出せる副菜の王様です。

0406.jpg

(材料)
ごぼう  1本<
にんじん 1/2 本
油    適宜
しょうゆ 大さじ3
酒    大さじ1
砂糖   大さじ1
ごま   適宜

(作り方)
@ 野菜を3〜4p長さの細切りにし、ごぼうは水に放してあくをぬく。
A 材料を油で炒めながら水少々(分量外)をふってしんなりさせ、調味料を加えて仕上げる。
B 仕上げにごまをふる。

0407.jpg

0408.jpg

しょうゆ3:酒1:砂糖1の割合で、他の食材(じゃがいも、ピーマン、れんこんなど)でもおいしくできます。しらたき、干ししいたけ、じゃこなどを加えてバリエーションをつけてもよいです。

♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪

▼▲▼羽仁もと子のことば▼▲▼

「一つの家庭(いえ)を本当の意味で、正しく明らかに愛深きものに成長させて行くこと、それが出来る人は大人物です。中心人物は主婦であっても、夫も子供も、この大切な家庭に対して、それぞれ責任の立場を受け持っている一人一人です。」
−「我々の住む所」−羽仁もと子著作集第16巻『みどりごの心』(婦人之友社刊)より

次回、4月2回目もどうぞお楽しみに!

(文責:この記事は、2014年4月から2020年3月まで東京第一友の会が情報提供をしていた、NHKニュースandスポーツ(有料ニュースサイト)に掲載されたものの一部です。)

posted by 東京第一友の会 at 11:24| 家事ごよみ

2020年04月24日

「家事ごよみ」を始めます。

(会員N.O)

IMG_2477.jpg

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、
私たちの日常は、大きく変わることを余儀なくされています。

感染の恐怖の中、医療現場の最前線や、
人々の生活を守るためにお仕事を続けてくださる方々に
心より感謝いたします。

持病のある方は、お体の心配もさぞ大きいこととお察しします。
乳幼児や幼い子ども、介護を必要とする方との暮らしの大変さ、
学校や仕事がお休みで、息詰まりを感じている方のストレスも
大変なことと思います。

自粛生活が続く今、自分と家族が健やかであるために、
私たちが今できることは何でしょう?

それは「思想しつつ、生活しつつ、祈りつつ」の姿勢で
あり続けることなのかもしれません。

なるべくいつも通りの日常を、私達が取り戻せたら、
地に足をつけて生活できたら、
家族も元気を取り戻せるかもしれません。
人のために、何かできると考えられるかもしれません。

これから、このブログで「家事ごよみ」月に2回配信いたします。
これは2014年4月から2020年3月まで、東京第一友の会が情報提供していた、NHKニュースandスポーツ(有料ニュースサイト)内で、
2017年に掲載されたものです。

家事ごよみで、私たちの日常を取り戻しましょう。
友の会活動が休止している今、
「こんなことやってみた」「あんなことやってみた」と、
お便りをもらうことができたら、
会を持つことができなくても、
皆で生活勉強を盛り上げられるかもしれませんね。

1日も早く、皆の顔が見られる日まで、
自分なりの生活勉強に励みたいと思います。

どうぞ、くれぐれもお体に気をつけてお過ごしください。


posted by 東京第一友の会 at 23:08| 家事ごよみ